ルクセンブルグの街並み

標準

2014年8月21日~8月24日まで、ルクセンブルグに来ています。昨日は、時間があったので、街を散歩してきました。ルクセンブルグ大公国の首都ルクセンブルク市は、人口9万人、面積51km**2 と大変小さな街で、ほぼ歩いて主なところは探索できます。やや肌寒いなと思いながら歩いていたのですが、標高が400mの場所にあります。

そして、街の中には多くの谷間が存在しており、それを天然の城の防御に使っていたようです。

ルクセンブルグの街中の橋

ルクセンブルグの街中の橋

この橋の下には、GROUNDと呼ばれる旧市街があり、文化遺産に指定されています。

GROUND

GROUND

街並みは、中世ヨーロッパを感じさせるような街並みです。そして、このように谷の上の方には天然の城壁らしいものが存在しています。

GROUND地区を上から見下ろす

GROUND地区を上から見下ろす

このGROUND地区を上から見下ろすとこのような風景が広がります。城壁の中に、多くの住居が存在しています。そしてのこのGROUNDの中には、川も流れており、とても狭いののですが風光明媚な場所になっています。

GROUNDの川面に写る建物

GROUNDの川面に写る建物

とても時間がゆっくり流れる、GROUNDですが、いくつかレストランも存在しています。このルクセンブルグという国自身公用語が、フランス語とドイツ語で、ほぼ英語も通じます。それくらい、インターナショナルな国です。そして、その首都のGROUNDに[KAMAKURA](鎌倉)という日本料理のお店もありました。地元の人も知っている有名なお店のようです。

ルクセンブルグにある鎌倉

ルクセンブルグにある鎌倉

さすがに値段は高くて、卵焼きが8ユーロとかですね。あ、今回はお店が夏休みで、入りませんでした。

鎌倉のメニュー

鎌倉のメニュー

この街本当にきれいなんですが、唯一の問題はup downが多いこと。冬には雪が降ることを考えると、観光は夏がBestなんでしょうね。

城壁の一部

城壁の一部

そして、この首都ルクセンブルグは、現在も成長を続けており、近代建築物も多いです。なんといっても、このルクセンブルグには、EUの事務局や、多くのプライベート・バンクが存在しています。

ルクセンブルグのシアター

ルクセンブルグのシアター

Philharmonie, Luxembourg Opera

Philharmonie, Luxembourg Opera

このLuxemburg Opera劇場は、建築家クリスチャン・ド・ポルザンパルクによって設計された建物で、ルクセンブルグの近代建築物の代表的な建物になっています。日本では福岡にあるネクサスワールドの設計に参加をしています。

本当にこのルクセンブルグは落ち着いた街であり、さらに古いものもあり、大変過ごしやすそうな街でした。また、来てみたいと思います。

 

ルクセンブルグのビール紹介

標準

ルクセンブルグ大公国は、フランスに接していることもあり、白ワインが有名なんですが、一方ドイツにも接しているためにBeerの文化も当然あります。どうも一番有名なのは、BOFFERDINGというビールのようで、街中を歩いているとこブランドのLogoをよく目にします。

BOFERDING ルクセンブルグのBeer

BOFFERDING ルクセンブルグのBeer

日本人の好きなラガータイプですが、日本のビールよりもホップの香りが強いと思います。コマーシャルもルクセンブルグっぽく、中世の騎士が出てくるあたり、日本にはないTV-CMですね。

このBOFFERDING、日本にはほとんど入荷していないようですね。なので、飲みたければぜひルクセンブルグへ。

そして、夕ご飯の時にお勧めされたのが、Battinというビールです。こちらも、ペールのラガータイプのBeerになります。

Battin Gambrinus

Battin Gambrinus

こちらの方が、色もダークで、少しコクがあるのでしょうか。こっちも、日本での取り扱いはほとんどないと思います。

まだまだ、世の中には出会ったことのないビールがたくさんありますね。これからもビール探索の旅は続きます。ちなみに、今日の午後からはパブの聖地ロンドンに移動します。ここルクセンブルグから1時間10分の旅です。

では、皆さんもおいしいビールを飲んでください。

ルクセンブルグ大公国は、ICT先進国だった

標準

久しぶりのBlog更新です。というのも、この出張を行っているProject.の設計や、気が付けば、なぜか毎週1回程度の講演などがかさなり、週末はいつもrefreshに必要だったからですね。すみません。

さて、その今回の出張では、ドイツからイギリスに行く途中で、ルクセンブルグ大公国に立ち寄りました。それどこという人も多いので、地理的な説明から。

ルクセンブルグ大公国の場所

ルクセンブルグ大公国の場所

はい、このように、ドイツ・フランス・ベルギーに囲まれた場所です。そして、これが現在、ECになり、大きな意味を持ち始めています。私も、今回はフランクフルトから、飛行機で首都ルクセンブルクに移動しましたが、

luxair

luxair

この飛行機で、45分で到着です。フランス・パリには電車で。そして、事実ルクセンブルグに国境を越えて、通勤する人が相当数いる国です。あ、人口は50万人の国なんです。

地図を見てもわかるように、小さな国です。なのに、この国にある、Data Centerの数はとてつもなく多い。

ルクセンブルグのData Center

ルクセンブルグのData Center

なんと、現在19箇所もあります。そして、どんどんData Centerは増えたり、古いものが新しくなったりしています。これは、国家レベルで行われているProjectなのです。今回も、LUXINNOVATIONという組織の方にお会いしました。日本でいうと官庁の外郭団体にあたるのでしょう。彼らから、直接これらを説明して頂きました。そして、ここにこの国のある場所のメリットが再度生きてきます。

ルクセンブルクのネットワークの遅延

ルクセンブルクのネットワークの遅延

このように、ルクセンブルグの近隣の諸国のとの回線遅延が本当に少ないのです。このことは、ICT領域で伸びている、ECやゲーム業界にとっては、Qualityやサービスの維持に重要なポイントなのです。そして、さらにこの国の電気代も安く、結果Data Centerの使用料金も安くなっています。

これらの、条件から実に多くのICT企業がこの国に存在しています。

ルクセンブルグでOperationしている企業

ルクセンブルグでOperationしている企業

皆さんの知っている企業が多いですね。なんと楽天もここにOfficeがあります。これらの回線・データセンターを活用したいために多くの企業がここにいるのです。人口50万人の国に。つまり、現在はICT領域の労働者の比率が高くなっています。このことも、働いている人に取り、情報交換の容易さにつながり良いのでしょう。

実はさらにこの国は法人税が安いのです。

ルクセンブルクの法人税の他国との比較

ルクセンブルクの法人税の他国との比較

この税金の率の低さもあり、多くの企業が進出しています。そして、多くのStartupもこの国で活動しています。

このことが日本であまり認知されていないことはLUXINNOVATIONの方たちも十分認識されており、いつもで相談してくれれば、駐日大使やこちらに来れば大臣とのMeetingを設定するとまで、お話してくれていました。

やはりこのように来て、短い時間でも話をすることにより、見えてくるものは多いと再認識しました。

ちなみに、阪急交通社のWebにルクセンブルクの市街の説明のページがありますが、このBlogを書いている時点では、だれもFacebookなどSNSに引用していないみたいです。

ちなみに、本当に素敵な街なので働きやすそうですし、昨日も有職を食べましたが、ドイツ、ベルギーも近く、私にとってはビールも多く、そしてさまざま料理が食べられますね。昨日の夕食は、チーズフォンデュと豚肉のポトフでした。

チーズフォンデュ

チーズフォンデュ