まだまだ、続く秋のセミナー登壇。きっと、日本で一番遅いSXSW2017の説明と、かなり早いSXSW2018の予習会

標準

本当に、今年の10月は、自分でもあまりにも種類の違うお仕事を受けたと思っています。でも、この歳(50なんです、テヘペロ)では、さまざまな仕事をお受けするのが、自分のトレーニングだったりもするので、時間がある限り、お受けしております。

前にも書いたようにこの秋は、

と続き、それに続くのが、10/17(火)の【無料体験講座】Innovation Boot Camp in Texasになります。タイトルは判りにくいんですが、ずばりSXSWツアーを来年も私が帯同するので、その説明会です。といいながら、この【無料体験講座】Innovation Boot Camp in Texasは、すでにもう2回ほど開催されており、おそらく今回が最後の 【無料体験講座】Innovation Boot Camp in Texasになるのではと思います。

SXSW 2017での私(MIKE HOMMA)

SXSW 2017での私(MIKE HOMMA)

SXSWについては、SxSW 2017に来ています。今年も面白い。にも書きましたが、今年も参加しており、私も多くを感じ、学びました。その内容はいくつかのセミナーでお話しているのですが、この【無料体験講座】Innovation Boot Camp in Texasでも、SXSW2017の復習を行い、ぜひ2018年の3月に一緒に行きましょうという、お誘いの会になります。

マーケティングの視点でSXSWを考えると、今まで技術が、この数年のAIの登場により、大きな分岐点を迎え始めています。おそらく、来年にはこれに量子コンピューティングの技術も加わることにより、今までのマーケティングの領域にも大きな変化があるでしょう。

今までSXSWといえば、Startupのイベントであり、参加するマーケッターも新しい表現技術や新しいAd Technologyを探すことを目的としていたと思います。しかし、AIの登場は、マーケティングを根本的に変化させるでしょう。例えば、顧客分析にAIを活用する。トライ&エラー型でのクリエィティブの探索にもAIを使う。こんなことは、すでに始まっているのです。

私の考えは、AIがマーケッターの仕事を奪うことはなく、AIを超えるアイディア、つまりまだ人が経験したことのないマーケティングのアイディアを考えられるマーケッターは残ると思います。そして、AIは、私たちのインターネットでの検索という行動も変えており、SEO/SEMのようなWebサイトの基本的な戦術にも影響を与えるでしょう。

興味のあるかたは、まず【無料体験講座】Innovation Boot Camp in Texasに参加頂き、そして、ぜひ来年3月にAustinで一緒にBBQを食べましょう!

Austin名物BBQ

Austin名物BBQ

 

秋は、セミナーの登壇が多いんです。まずは、Tealium Japanのセミナーから。

標準

秋は、食欲の秋、読書の秋、NFLの秋なんですが、個人的は多くのセミナーに登壇させて頂きます。まぁ、普段から、週に1度は、どこかでお話させて頂いている気もするのですが。

例えば、10/12(木)は、札幌のカンファレンスに登場することは、「札幌のSXSW的イベント、No Mapsに登場します。」にも書きました。

その前に、直近では、10/6(金)に「アノニマスデータ有効活用セミナー」(タイトル変更するかも)に登壇します。こちらは、企業のデータをどのように、さまざまなデータと結合してお客様を理解し続けるかというセミナーになります。私は、この中で、「企業のデータの拡張」のさせ方について、お話しする予定です。お話の内容は、ようやく昨日完成したのですが。このセミナーのタイトルや解説は固くなっていますが、今多くの企業で、CRMやDMPの構築を行っているのではないでしょうか?

アクセス分析にも運用は必要だ

しかし、それら顧客の情報を理解する本当の意味について、落ち着いて考えているでしょうか?ダイレクトにコミュニケーションしたいからデータを管理している。そんな理由は、すでに過ぎ去ろうとしているのです。これから、到来するAI時代のマーケティングでは、AIに顧客のセグメンテーション作りと、これからその顧客が起こそうとするアクションを予測させるのではないでしょうか。問題は、お客様が行いたいと思っていることを、マーケティング会社が用意できるかという点です。

そのために、今私たちがすることは、どのような顧客データを見れば、私たちがお客様にBest Partnerとしてサービスを提供できるかという練習問題を、何題も解くべきです。そして、Webサイトは、Webサービスになった今、お客様へのサービスに、切れ目なく、WebとReal Channelを繋ぐ。そのためには、Real Channelのデータと、WebでのDataの結合はさることながら、お客様についての理解をきちんと行い、WebでもReal Channelでも、今まで以上に質の高いコミュニケーションを行う時期になっているのです。

お客様は、SNSで自分のライフスタイルの変更について公開しているかもしれません。憧れのファッションスタイルとPinterestに補完しているかもしれません。感動した週末のイベントをInstagramに投稿しているかもしれません。これらは、もはや結合可能なデータで、Webだけではなく、Real Channelのコミュニケーションにも活用できるのです。

今までの、Digital Marketingのためのデータ結合から脱し、本当のマーケティング定義されている顧客理解のためのData結合とData分析を行いましょう。

アノニマスデータ有効活用セミナー」では、そのような内容を、初めてお見せする資料を中心にご説明します。ぜひ、興味があるかたは、2017年10月6日(金)14:00~16:40のセミナーにご参加ください。なお、参加無料ということで、申し込みが多くなると思いますが。

 

札幌のSXSW的イベント、No Mapsに登場します。

標準

実は私、道産子なんです。まぁ、多くの方が知っていると思うのですが。
で、札幌で、SXSW的なイベントで、No Mapsというイベントがあり、この度、私の凱旋講演が決まりました(888888888)。

内容は、「AIからHI(Human Intelligence)へ」という内容で、2017年10月12日(木) 15:30~17:00に開催されます。非常に内容は、面白く、マーケティング会社のシナジーマーケティング株式会社のデータ分析により、人のタイプを分析し、それに併せてコミュニケーションを変更するということを、AOI-TYOの方にお話頂く、まさにART&SCIENCEのセッションです。

凱旋といいながら、私は得意のモデレーションなんですが、最初に少しだけ、マーケテイングのお話もします。

No Maps

No Maps

なんと、「AIからHI(Human Intelligence)へ」のセッションは無料です。ただ、お早めにお申し込みください。札幌で人前で話すのは、2年前の北大以来です。

「なまら、楽しみになるべさ」と、一人で言いながら、来月の札幌が楽しみです。

追伸:来年もSXSWに行きますよ。一緒に行きたい人は、宣伝会議のツアーのページを参照ください。

みんな、「Dataで遊び」ましょう。Data分析・解析はもともと、発見的なアプローチが多いのです。

標準

さて、今月はNews PicksPro Pickerとして、「データ×マーケティング」の領域で、多くの記事を読んでいます。(あ、News Picksのユーザーの方、良かったらフォローしてくださいね。)そんな、流れもあり、今月のIT Pro Marketingの私の連載「日本を復活させるB2Bマーケティング」も、Data分析、Data Driven Marketingについて書きました。その名も「「Dataで遊ぶ」、そのためにもあなたの会社に“Data司書”を任命しよう」です。

遊ぶ

遊ぶ

Data Driven Marketingは、今まで以上に科学的なアプローチです。この科学というのは、「科学」にあまりなじみのない方は、一握りの転載が進化させている領域に見えているようです。例えば、ニュートンが万有引力を発見した話などは、ニュートンが天才だから発見したと思っている人が多いと思います。確かに、「万有引力」を発見したので、天才に間違いはないのですが、天才だったから発見したというよりは、きちんとモノの自由落下を観察して、自分なりの仮説を作ったから、「万有引力」を見つけたのでしょう。

Data

Data

Data Driven Marketingでも、同じことが言えます。まずは、法則をスムーズに見つけるのではなく、DataやMarketingで起きていることを良く観察して、自分の中で仮説を作り、それをDataを使って確認する。このプロセスが重要なのです。

企業のData分析力を高めようと思ったら、この一般的に「科学」で行われているいる「科学を使った遊び」を行うべきです。つまり、「Dataで遊ぶ」 必要がおおいにあるのです。ぜひ、「「Dataで遊ぶ」、そのためにもあなたの会社に“Data司書”を任命しよう」の記事を参考にして、「Dataで遊ぶ」ことを行いませんか。

NewsPicsのPro Pickerを、やってみます。

標準

皆さんは、スマートフォンのアプリで、ニュース配信系、キュレーション系アプリをご利用ですか。新聞的な、SmartNews とグノシー。マガジン的な、NewsPicks と Antenna。また、プラットフォームとして、LINE NEWSなどが、有名でしょうか。

私自身は、Androidユーザーなので、Google のニュースがデフォルトではっており、SmartNewsとNewsPicks も利用しています。

実は、NewsPicksさまには、ABeamに入社した直後に、「デジタルマーケの旗手、本間充が語る マーケティングの本質」という取材記事も載せていただいており、お世話になっているのですが、今回Pro Pickerという役割も頂いたので、楽しんでやってみようと思っています。

NewsPicks

NewsPicks

平日に、毎日1つは、Data ScienceやMarketing関連、さらには最近気になっている「キャリア形成」や「教育」に関するニュースから選んで、コメントをつけて紹介しますので、ぜひ、フォローしていただけると幸いです。

毎日、朝一本、NewsPicks の記事から、厳選した記事を選ぶのは、新たなTaskになりますが、楽しんでPro Pickerをやってみます。

ぜひ、応援頂ければ幸いです。皆さんの反応が良ければ、継続するかもです。

では、これから1ヶ月、よろしくお願いします。

今年、審査員をさせいただいたCODE AWARD。授賞式の様子が公開されました。来年は、ぜひ参加してください。

標準

 

本日は、久しぶりに吸収のために、#Backstage17 に、参加しています。一日、いろいろな方の、イベント、コミュニティー、マーケティングの話を聞くのは、自分の視点が広がり良いですね。

さて、視点を広げるという意味では、今年、D2CさまのCODE AWARDの審査員をさせて頂いたのも、非常に良い経験でした。一般の広告の審査や、代理店の審査は多くさせていただいているのですが、携帯のアプリや携帯のコンテンツという、極めて「広告~社会サービス」まで広範囲の審査をするのは、とても刺激でした。なので、本当に審査会での他の審査員の方たちとの会話は非常に学びが多かったです。

さて、マーケッターの方は、このような授賞式に無縁かもしれませんが、CODE AWARDの授賞式の様子をVideoにまとめて公開されたので、紹介しますね。

さて、このような授賞式は、私も企画をお手伝いした、Webグランプリでも、お伝えしているのですが、すべての関係者で授賞式で参加して、受賞の喜びを共有して欲しいなと思います。なぜなら、そこで喜びを共有できることと、授賞式に多くの優秀なマーケッターに会えたり、授賞式以外の価値も多いのです。

ところが、日本の多くの企業では、授賞式誰が出る?みたいな話になります。それは、授賞式を儀式と思っているからではないでしょうか?いや、授賞式は学びの場です。スピーチには、短い文章で、広告・PR・キャンペーンの設計背景など聞くことが出来ます。また、授賞式で会えるメンバーとの会話にも多くの学びになるのです。しかも、賞を取った優秀な方たちと会話ができるのです。

ぜひ、来年はマーケッターの方も含め、ぜひ関係者全員で集まってくださいね。(他の広告省の授賞式も含めて)

 

久しぶりに、Web担当者Forumのイベントに参加します。

標準

昨日まで、取っていた夏休みを終えて、今日から仕事です。いつものように、札幌に帰省していたのですが、何か東京も涼しかったとか。そして、札幌に帰ると最近は、「全国タクシー」に、本当にお世話になります。このアプリがないと、いくら札幌という大都市でも移動できないですね。

今日はイベント登壇の報告です。久しぶりにWeb担当者Forumのイベント「Digital Marketers’ Summit 2017 Summer」に、登壇させていただくことになりました。特別講演 (パネルディスカッション)「いま考えるべきネット広告取引の透明性と広告主の倫理」というセッションです。

Web担当者Forum

Web担当者Forum

これは、このBlogでも何度か書いていますが、ネット広告の取り引きの問題点をわかり易くお話をして、広告主が行うべき対策について、お話をします。今回は、この問題にグローバル企業はどのように考えているのかを、ユニリーバジャパン・カスタマーマーケティング株式会社
マーケティング メディアダイレクター 山縣 亜己さんにお話を伺います。

アドテクノロジーに関する書籍は、Amazonで多数あるのですが、その取り引きに関する本はほとんどありません。しかし、実際に、日本の広告費2016年のDataをDown Load可能な形式にしました。が、インターネット広告費の20%が、もし詐欺にあっていたら…にも書きましたが、企業の広告費が、反社会的な組織に支払われていたら、どうなのかなどの本はありません。

この「いま考えるべきネット広告取引の透明性と広告主の倫理」では、わかり易く解説・議論します。ぜひ、企業の宣伝責任の役員を同伴して、会場にお越しください。このセミナーは無料です。