広告取引の透明性は、広告主の意思が必要。そして、広告をより良いものにすることが、

標準

2017年も1ヶ月が終わりました。日本の多くの企業は、3月決算が多いので、そろそろ今年度予算の確認を行わないとと思っている方も多いのではないだろうか?

ところでその中で、広告予・実算の管理を、メディア出稿の確認から行っている日本企業はどれだけいるのであろうか?このBlogを読んでいる日と人の中には、広告予算がないので、広告取引を行ったことがない方もいらっしゃるだろう。そんな方のために、少し広告のお金の話をしましょう。

paid-invoice-1413750-639x426

領収書

皆さんは、企業のお金を使って、「モノ」を買うときには、どうするでしょうか。高額の商品・サービスの購入であれば、(1)見積もりを取って、(2)上司の判断を仰ぎ、(3) モノの購入を行い、(4)モノの納品確認を行ない、(5)企業として費用の処理を行うのでしょう。

モノの納品確認とは、そんなに難しいことではなく、書籍の購入の場合、その費用の処理の時には、「領収書」と「本」を一緒に上司に見せて、「領収書」の処理に進むという、極めてシンプルなステップなのでしょうが。

では、広告の場合は、どうでしょうか。新聞、雑誌の広告の場合は、掲載誌を確認して、広告が出ていることを確認して、費用を処理します。もちろん、自分で購入できない場合には、広告主が、広告代理店にお願いをして、「広告掲載誌」を取り寄せて確認を行ないます。

テレビ・ラジオに関しては、多くの広告主が、広告代理店にお願いをして、広告出稿の確認を行なってもらっています。実はこのあたりから、広告主が、費用処理を行う前の、「モノ」の確認の意識が薄くなってきています。

では、インターネットの広告ではどうしているのでしょうか。答えは、「何もしていない!」のです。インターネットの広告担当の方からは、「配信レポート」をもらっているので、「モノ」の確認していります、という反論を頂きそうです。では、その「配信レポート」は、合っているのでしょうか?

本の購入の事例では、「領収書」と「1冊」という情報で、上司は本の購入を承認するでしょうか?インターネットの広告の取引では、「領収書」と「何回」という情報で費用処理がされており、そかも「何回」といった、本来であれば、誰でも確認できるように透明性が求められる部分が、ad serverという、black boxになっているのです。

極端に言うと、広告主のこのインターネットの広告の費用処理は、その企業の会計処理のルールにあっておらず、企業犯罪の温床になりかねないのです。

この議論、昨年広告処理の透明性の問題で、ある代理店が問題になりました。しかし、じつは広告主のこの費用処理の方が、問題なのです。広告主は、「現物」確認ができない「モノ」の購入を20年近く行ってきているのです。

こんな恥ずかしいこと、もう辞めませんか?先進国では、日本くらいだけでしょう。この取引が許されているのは?諸外国では、広告の出稿管理をしているad serverに、第3者に定期的に監査を行ってもらい、ad serverのレポートの正確さを確認しています。

そして、さらに進んでおり、広告の不正請求の温床になることに関して、広告主がきちんと、メッセージを出しています。

たとえば、このP&Gのchief brand officerのMarc Pritchardさんのスピーチを見てみましょう。

P&G自身が、広告の取引を確認し、さらに「恥ずべき詐欺的メディアを一掃する」と話しています。日本では、このようなメッセージは、広告主が行わない風潮があります。しかし、そのまま何もしないことは、実は企業の会計原則を破っていることにもなり、また詐欺的な広告媒体を残すことは、「広告の価値の低下」になります。

まずは、広告主の方は、上記のYouTubeで公開されいる、「Marc Pritchard, P&G, on Better Advertising Enabled by Media Transparency at IAB ALM (full video)」を見て、考えましょう。

そして、広告主のほうから、「広告取引の透明性」を話し始めませんか?

参考

本のマーケティングは、非常に面白い。文藝春秋の田中さんに、Web人賞受賞のお話を伺いました。

標準

本日、2017年2月のBBT マーケティングライブの放送の収録を、行いました。今回の放送は、2016年のWeb広告研究会WebグランプリのWeb人賞を受賞した、文藝春秋の田中さんが、ゲストでした。

左から、キャスターの田中さん、私(本間)、文藝春秋の田中さん

左から、キャスターの田中さん、私(本間)、文藝春秋の田中さん

今回の番組では、文藝春秋の本に関するマーケティングを、「火花」「コンビニ人間」という芥川賞受賞の本を題材に行っていただきました。

本のマーケティングは、他のマーケティングと異なり、参考にならないのではないかと思う人も多いかもしれないですね。しかし、私からすると、本の売れ行きや、社会的な反応を見ながらマーケティングするという意味では、real time marketingや、Data活用マーケティングのヒントがあります。また、読者のことを観察しながらマーケティングをしており、カスタマー・インサイトを活用したマーケティングを行っています。

田中さんは、文藝春秋でWebを活用したマーケティングを行っていましたが、現在ではプロモーション部で、これら最近話題の小説のマーケティングに関わられてきました。今回の番組では、その内容が沢山お伺いしました。田中さん、本当にありがとうございました。

スタジオでの一こま

スタジオでの一コマ

さて、このBBT マーケティングライブは、有料番組なので興味のある方は、こちらのアドレスから申し込みください。

http://bb.bbt757.com/price/

アメリカのPro Sportsの方がおもてなしが熱い ?

標準

さて、私がアメフト(NFL)ファンであることは、このBlogを何度か訪問された皆さんには、知られていると思います。そして、今回も休暇を頂き、恒例のNFL All Star Game、Pro Bowlを観戦に、フロリダ州、オーランドに来ています。

このPro Bowlがハワイで開催されること今までは多く、日本からも旅行代理店のツワーがありましたが、今ではありません。代わりに、私は、NFL On Locationという、NFLが申し込みを行うツアーに参加しています。

All Stat Playerの練習風景。真ん中の選手は、今回も人気のOdell Beckham Jr.

All Stat Playerの練習風景。真ん中の選手は、今回も人気のOdell Beckham Jr.

そして、いよいよ今日の午後からNFL On Locationの日程が始まりますが、以下のような内容になります。

  • 試合前日
    • 午前:チャーターバスで、練習会場に移動
    • 練習会場にて、アメフト解説者の話を聞きながらの朝食
    • VIPシートにて、練習見学
    • バスにて、ホテルの戻る(希望者は)
    • 夕方:試合前日のParty開催。チアリーダー、チーム・マスコットなどが登場では?
  • 試合開催日
    • バスにて試合会場に移動
    • 試合前のPartyに参加(Tail Gate Party)
    • サイドラインの良い席にて、試合観戦
    • バスにて、試合終了後、ホテルの戻る

このような日程で、非常に充実しています。このようなツアーは、実はNFLの通常の試合、ほぼ全てで行われています。つまり、リーグが公式に試合観戦ツアーを支援しています。

T.Y. Hiltonのサイン風景

T.Y. Hiltonのサイン風景

日本ではこのような取り組みは、あまりありませんが、このNFL On Locationのツアーは、実にビジネスとして成功しています。日本のPro Sportsでも参考になるのではないでしょうか。

ちなみに、今回はOrlando、つまりWorld Disney Worldの街で試合が開催されるために、そこの連携もしっかり行われおり、昨日はMagic Kingdam Parkでの選手のパレードもありましたし、昨日のパークは私も含めて、NFLチームのジャージ姿のお客様が多かったですよ。

シンデレラ城の前で写真を撮る私

シンデレラ城の前で写真を撮る私

と言いながら、本人は素敵な休暇を贅沢に楽しんでいます。すみません。

 

大学の数学研究者に会いたい方は、ぜひ公開シンポジウムにいらしてください。私もいますので。

標準

さて、先週1月14日の、NHKスペシャル「シリーズ MEGA CRISIS 巨大危機 ~脅威と闘う者たち~
第3集 ウイルス“大感染時代”  ~忍び寄るパンデミック~」を、ご覧になりましたか。未知のウィルスの存在や、その伝播というか、感染拡大について取り上げた番組でした。この番組の中で、ウィルスの感染のシミュレーションや予測に、北海道大学の西浦 博 教授の、研究が取り上げられていました。ここで使われていたのが、「感染症数理モデル」という、数学です。いまや、医療の現場でも、多くの領域で数学が積極的に使われるようになりました。

もちろん、企業でもData Scienceの強化は待ったなしの状況で、私のところに多くの相談を頂きます。そして、よく分析・モデル作りの能力不足を、伺います。そこで、以前からお話しているように、アカデミアとの協働取り組みをお勧めすることがあります。とはいえ、多くの方が大学をきちんと卒業しているのにも関わらず、かなり大学から疎遠になっており、大学の門を再度通ることに不安感を覚えている方が多いのではないでしょうか?

そこで、今回は以下の公開シンポジウムをご紹介します。ただし、締め切りが1/27と迫っていますので、ぜひ興味のある方は、忘れずにお申し込みください。

CREST・さきがけ・数学協働プログラムの合同シンポジウム 数学パワーが世界を変える

CREST・さきがけ・数学協働プログラムの合同シンポジウム 数学パワーが世界を変える

セミナー「CREST・さきがけ・数学協働プログラムの合同シンポジウム 数学パワーが世界を変える」というものです。これは、数学と諸科学との連携、さらに数学と産業界との連携について、報告、議論されます。どのように、大学の数学研究者と一緒に取り組めば良いかのヒントが得られると思います。

最後の産業界との協働では、実際に企業の方で、大学と共同研究を行われている方が登壇します。企業としては、

  • アビームコンサルティング株式会社(私)
  • アリッツ株式会社
  • 株式会社デンソー

の方が、登壇されます。そして、このシンポジウム北海道大学の西浦 博 教授もご講演されます。なお、私は、2/11の午後から、2/12の最後まで出席します。もし、参加される方で、知り合いがいないと心細くなる方は、ぜひ私を探してください。適宜、アカデミアの方を東大の客員教授としての役割でご紹介いたします。

なお、数学が産業界で活用されている事例については、以下の本にまとめられていますので、興味のある方はごくごく一部の例ですが、参考にしてみては如何でしょうか?

41qyjsgcbhl-_sx331_bo1204203200_

数学は役に立っているか?

企業の中は、どこも人材不足です。ぜひ、このように大学という研究機関とのコネクションから、新しいData Science、数理モデルへのアプローチを行ってみることを考えてみては如何でしょうか?このシンポジウムの申し込みはこちらから出来ます。

 

NTT DoCoMoの携帯を、海外sim対応にしよう

標準

さて、2017年になり、2016年を振り返ると、なんと一度も海外出張に行きませんでした。うーん、何年ぶりだろう、そんな年はと思いますが、2017年は、SxSWをはじめとして、海外に出張に行く予定です。その意味では、ようやくフル・スロットルといった感じでしょうか。

そして、年末に携帯をsamsung galaxy s4から、sony xperia xzに変えました。実は、前のsamsung galaxy s4は、アメリカのT-Mobileの周波数に対応していなかったので、海外でもNTT DoCoMoの海外1day パケサービスという、高額なサービスで通信していました。

今回のsony xperia xzは、T-Mobileの周波数に対応しているので、さっそくアメリカで使えるようにしてみました。ところが、少しいくつか誤解しそうなこともあるので、今回T-Mobile sim対応する方法をまとめておきますね。

1.最新のスマートフォンもNTT DoCoMoから買った状態ではsim フリーではない

これは、私も大きな誤解でした。simフリーとは、キャリア(NTT DoCoMoなど通信事業者)から購入したスマートフォンに、買ってきたキャリア(ここでは、NTT DoCoMo)以外のsim カードを入れても使える状態のことを言います。もう、こんな初歩的なキャリアの嫌がらせは、もう終わっているかとおもったら、まだ購入した段階では、キャリアのsim カード以外使えないようになっていました。

そこで、店頭に行って、sim ロックを解除したいと申し出ると、店頭だと3000円、個人でPCから行うと無料とのお話。まず、この基本的に「行いたくないぞ」というサービス設定に閉口するのですが、そこは自分でPCでおこなうことにしました。この解除は、携帯のサイトから行えないようです。

まずは、my docomoというサイトにアクセスします。右上に、ログインのメニューがあるので、ここからログインします。また、このサイトに初めて来た人は、アカウント設定が必要です。これは、携帯の番号がIDになります。

ログインしたら、真ん中のメニューのドコモオンライン手続きのなかの「もっとみる」をクリックします。

my docomoのメニュー

my docomoのメニュー

この「もっとみる」を押すと、

ドコモオンライン手続き

ドコモオンライン手続き

の画面が開きます。非常に長いページなのですが、最後までスクロールすると、

ドコモオンライン手続き#2

ドコモオンライン手続き#2

という項目が出てきて、ようやくSIMロック解除のメニューを発見します。このSIMロックの解除を押すと、

ws000003

SIMロック解除画面

どの携帯のSIMロックを解除するか聞いてくるので、その携帯を確認して、進みます。これで、手続きは終了です。終了後に、指定したメールアドレスに下記のようなメールが来るので、大事に取っておきます。メールにも書いてありますが、実はこのメールに書いてある解除コードを後に携帯に入力する必要があります。

ws000005

解除の確認メール

2.国内にいながら、海外のSIMを購入できる

次に、海外で使うSIMの購入です。ここでは、アメリカのSIMについて書きます。アメリカでは、AT&Tや、ベライゾンなどさまざまなキャリアがありますが、ここではT-MOBILEのsim設定について書きます。

理由は、3GBまでのPre Paid プランというメニューがあり、40$と安いためです。

ws000006

T-Mobile Simply Prepaid Plan

simカードを、アメリカ到着時に購入しても良いのですが、空港ではAT&Tのsimカードを購入するのは簡単なのですが、T-Mobileのカードは、空港の外のT-MobileのショップやWalmart等でしか買えません。そこで、今回はAmazonで購入することになりました。sim カードだけだと、5$くらいで購入できるのですが、まぁ日本で受け取ろうと思うと、2000円くらいになります。でも、日本でsim カードを受け取り、日本で設定した方が、現地ではバタバタしないので、日本で購入することにしました。

購入するのは、「T-Mobile Nano SIM Starter Kit」というものです。Amazonのサイトに複数の会社から販売されていると思います。価格がさまざまあるのでが、内容はすべて同じです。

私は、 ホロジクスから購入しました。(2017年1月15日現在では、在庫なし)simの到着は、1,2日で来ると思うので、sim カードの到着を待ちます。

このsim カードは、pre paidタイプのメニューであれば、どれでも選択可能です。なお、pre paidの支払いは、pay palか、クレジットカードを使います。

3.T-Mobileのsim カードをActivate化する

simカードが届いたら、sim カードを携帯に刺さずに、説明書に書いてある、www.T-Mobile.com/Activationというサイトに先に、PCを使って行きます。

ここでは、sim カードのプラスチックに印刷されている番号、説明書に印刷されているActivation Code。そして、あなたの携帯のIMEIコードが必要です。IMEIコードは、携帯で、*#06#に電話すると、以下のように出てきます。

IMEIの表示

これらの3つの番号を入れると、sim cardのActivate(使える状態)が完了します。

Activateは、T-Mobileのサーバーで少し時間がかかります。そして、T-Mobileのサイトでは、select your planの画面が出てきますので、ここは選択しながら少し待ちます。

Found your accountの前で止めておきます。

 

 

 

4. いよいよsim カードを携帯に入れる

まずは、落ちついて、スマートフォンの電源を切り、次にsim カードを取り替えます。今のnano simカードは非常に小さいので、無くさないように気を付けましょン。NTT DoCoMoのsim カードを無くすと、再発行手続き取られますからね。

T-Mobileのsim カードを入れて、電源を入れると、simカードロック解除コードは?と聞かれます。そこで、「解除の確認メール」を開けて、解除コード(長いので落ち着いて)を入力します。ロックが解除されたら、普通の携帯のメニューに変わるだけです。

これで、sim カードの取り換えは終了です。

5.T-Mobileのサイトのアカウント設定に戻る

再度、パソコンでT-Mobileのサイトに戻って、電話番号の設定などを行うと、携帯にSMSでコードを送るよと言われます。日本にいても、T-MobileのSMSは受け取れるので、送ってもらうと、あなたの携帯のSMSが届くはずです。そのコードをPCに入力。これで、T-Mobileのアカウントの設定も完了。以後は、

ws000007

My T-Mobile

My T-Mobileのサイトにログインすれは、いつでも残っているデータ量や、pre paidの入金などが行えます。このように国内にいながら、アメリカのsimカードの設定を完了すれば、空港に着いた時から、通信料を気にする必要もないですし、レストランの予約なども電話でできますね。そして、アメリアの電話番号ももらえるわけで、便利ですよ。

 

自分自身を解説するセミナーに登壇してみよう。どこまで、シャープに自分を切り出せるかLet’s TRY!

標準

いや、私が好きなNFLというスポーツは無常です。9月に開幕し、私のチームは1/2に全試合が終了しました。まぁ、弱かったんですね。まだ、勝ち残っているチームには試合が残っていて、アメリカ時間2/5(日本時間2/6)に、ご存知Super Bowl 51回大会が残っているのですが。

そう、つまり1月,2月はアメフト・ファンは暇になることがあります。本当は、暇だと言いたくないのですが。今年の私は、ずばり1月の2週目から、暇なのです。

そこで、今年はSuper Bowlまで、暇な時間を上手に使うために、自分への大きな課題を科すことにしました。ずばり、自分を見つめなおし、自分を理路整然と説明するという課題です。そして、それをセミナーで皆さんにわかり易くお話しするという大きな宿題を行うことにしたのです。

bored-with-homework-1439310-639x781

宿題はいつも嫌ですよね。

こんな宿題、正直言えば自発的に思いつくものではありません。折込文化研究所の鍋島裕俊さんのご指導のおかげです。

すばり、セミナーが私の宿題の提出日になります。参加される方が、私の宿題の判定を指定頂ける先生となります。セミナーは、以下です。

なぜ、「数学」を好きなり、「企業の研究者」になり、「UNIX」に触れることになり「Internet Engineer」になり、「Digitalを活用した、マーケッター」になり、今、「コンサルタント」、「数学教授」、「マーケティん講師」になり、さまざまな国の委員も受けて活動しているのか。

MIKE HOMMAの要素分解

MIKE HOMMAの要素分解

これを、歴史ではなく、別な何か大きな理由があるのか?これから1ヶ月で見つめて、因数分解して、このセミナーでお話をしたいのです。単なる自己紹介ではなく、意味のある話として行わないといけません。だって、聞いてくださる方がいるのですから、意味のある「知の交換」時間にすることが必要でしょうから。

そして、このようなセミナーの完成度の高さは、スピーカーの出来によることも理解しています。そして、話し手の準備と当日の熱量に比例して、私も参加頂いた方からギフトをもらえます。だから、しっかりこれから自分を見つめたいと思います。タイトルも、とても挑戦的ですよね。「達人シリーズ」ですから。

そうそう、このGIFTという言葉、「才能」という意味もあります。私のこれらの仕事や社会への貢献は「才能」からだけで与えられたものではないと思います。そんなに天才でないことは私が一番知っていますから。知らず、知らず、何か人生で行いたいことや、残したいことが根底にあり、それが突き動かしていたと考えたいのです。今回は、これからそれについても整理をしないといけません。

そして、2年前に「花王・本間氏、良品・奥谷氏が転職、有力デジタルマーケターが新天地へ」というl記事にまでして頂いた私の転職が成功しているのかも判定しないといけないのでしょうね。

今回頂いた宿題は、本当に難しくて、本当に恥ずかしいです、そして論理構築が大変なセミナーをお受けすることになりました。でも、ワクワクもしています。曜日も、金曜日。私の話をきっかけに、新しいケミストリー、化学反応がおくるようなセミナーになればと思っています。。

興味のある方は、ぜひ参加して私のセミナーの構成者の一人になって頂けないでしょうか。私も皆さんに精一杯のお話をしたいと思っています。そして、私の宿題の判定もお願いします。

セミナーの申し込みは、ORIKEN揚揚(youyou)講座」達人シリーズ アビームコンサルティングの本間充って何者ぞ?から、出来ます。

Digital Marketing? いや、求められているのはMarketingだし、マーケッターこそ、自分というプロダクトの設計をしないと

標準

あけましておめでとうございます。今年は、2017年、平成で言うと平成29年ですね。私も、今年で50歳になります。私にとっては、25歳まで勉強の時間を頂いたので、丁度今年でビジネス・パーソンになって25年を向かえることになります。

さて、そんな折、昨年末に宣伝会議様に「デジタルマーケターのキャリアデザイン」という座談会にお呼び頂き、マードゥレクス 取締役 兼 CRM部/法人営業部部長の藤原尚也さま、オイシックス 執行役員 統合マーケティング部 部長 COCO(Chief Omni-Channel Officer)の奥谷孝司さま、ドミノ・ピザ ジャパン 執行役員 チーフマーケティング オフィサーの富永朋信さまと対談させて頂きました。

藤原さまと、富永さまとお話しするのは、久しぶりでもあり、非常に楽しい時間を過ごしました。内容は、すでに書店に並んでいる、宣伝会議2017年2月号「時代を拓く45社のブランド構想」の「【座談会】 デジタルマーケターのキャリアデザイン 奥谷孝司×富永朋信×藤原尚也×本間充」ということにまとめられており、すでに読んで頂いた方も多いのではないでしょうか?

61ifxgm-dml-_sx376_bo1204203200_

宣伝会議2017年2月号「時代を拓く45社のブランド構想」

そして、本日「どうする?デジタルマーケターのキャリアデザインー4人の先駆者が徹底議論!」のページにも公開されいますので、ぜひご覧頂ければと思います。

この座談会の記事では、4人のキャリアの振り返り、そしてマーケッターとしてのキャリアについてお話をしています。その中で、「デジタルマーケター」という言葉を早く無くしたほうがいいと、話をさせて頂きました。そのことについては、宣伝会議2017年2月号「時代を拓く45社のブランド構想」を買って読んでいただくとして、ここでは、マーケッター自身の製品設計について考えたい思います。

RETIRED AND RELAXING

RETIRED AND RELAXING

マーケッター自身の製品設計、つまりキャリア設計です。

例えば、マーケッターにも以下のような時期はあるはずです。

  • 自分の能力を高める
  • 自分の能力を最大現活用し、成功を求める
  • 自分の能力や経験を整理して、業界に教育などで貢献する
  • 仕事から離れ、マーケッターを卒業する

特に、最近気になっているのは、定年が延びている大企業のマーケッターのキャリアです。定年を伸びることは非常に望ましいことだと思います。一方、定年のキャリアデザインの依存関係は、個人の考え方に大きく影響すると思います。個人の考え方とは、

  • マーケティングを通して、何を学びたいのか
  • 学んだことは、利益追求(ビジネス)だけに主に生かすか
  • ビジネスをいつまで行いたいのか

このようなことを整理しないといけないでしょう。人生設計は自分にしかできないことです。もちろん、必ず他人に迷惑はかけます。しかし、自分の人生設計を行わないことはもっと問題でしょう。「定年が伸びる」=「ビジネス・パーソンの時間が延びる」ではないと思うのです。自分のビジネス・パーソンの期間は、自分で設計してよいのです。もちろん、定年円満退職も一つの答えです。しかし、それが唯一無二の答えではないのです。