MIKE,J-WAVE出てきたってさ。

標準

はい、本日「MIKE, J-waveに出演するってよ。」でお話したように、J-WAVEの朝の番組STEP ONEに出演してきました。冷静に考えると、六本木ヒルズの会社には数多く、お世話になっているのですが、J-WAVEのフロアーに足を踏み入れるのは始めてです。ワクワクしながら、番組出演の約1時間前に、訪問。

まずは、全室で制作担当の方と簡単に打ち合わせ。そして、20分ほど、待ちの状態に。いよいよ、番組5分前にスタジオに入り、ナビゲーターのサッシャさん、アシスタントの寺岡さんに挨拶をして、時間を待ちます。

番組開始前のサッシャさん、寺岡さんと

番組開始前のサッシャさん、寺岡さんと

そして、いよいよマイクのカフをあげて、番組スタートです。今日は、新「データサービス」を開始した タイム社の狙いはペット:新CEOの舵取りはいかに?という記事をTopicsに約8分ほど話したのですが、あっという間の時間ですね。

テレビと違って、顔の表情が出ない分、お互いにアイコンタクト出来たり、ヘッドフォンから戻ってくる声を少し、自分で楽しんでみたりと、テレビにない楽しさを難しさがありました。

 

番組On Air中

番組On Air中

また機会があれば、音声メディアである、ラジオに挑戦したいです。

今日の番組の詳細は、

NewsPicksのサイト(こちらでは、番組も聴けます)

または、J-WAVEのサイトからどうぞ。

MIKE, J-waveに出演するってよ。

標準

という、報告です。まぁ、「NewsPicsのPro Pickerを、やってみます。」の関係で、J-WAVEのSTEP-ONEという朝の番組のPICK ONEというコーナーに、9月11日(月)に出演してきます。当然、ラジオなので、生放送で、何を話すかは、9月11日(月)に、私がNewsPicksで何をPickするかによって決まります。

STEP ONE

STEP ONE

この当日、内容が決まり、生放送というあたり、ラジオの良さですよね。最近、マーケティング・コミュニケーションのメディアの話をするときに、実はそれぞれのメディアがデジタル化され始めていて、ラジオや映画は復活しているメディアだと思うのです。

例えば、ラジオは、radikoというサービスにより、スマートフォンやPCからも聞くことができることになり、また、タイムフリー、エリアフリー機能で、全国の放送番組を好きな時間に聴けるようになっています。そして、ラジオの特長も以前より明確になっています。テレビでは、音楽番組が少なくなり、あまり出演されてないアーティストの方もラジオにはかなり出演しています。このことにより、若者がラジオに戻ってきています。またラジオは、圧倒的に生番組が多く、情報番組の時間も多く、ここはビジネス・マンを取り込んでいるでしょう。何しろ、皆さんのお持ちのスマートフォンと音声コンテンツの相性は良いですから、出勤途中にラジオの番組を聴いている方も多いのではないでしょうか。

また、映画も実は映画館が、もはや「映画」の「館」ではなく、「映像」の「館」になっており、ライブ・ビューイングなどの「映像」のイベントが数多く行われるようになり、新しいビジネスが作られています。

もうDigitalは、すべてのトラディショナル(だった)Mediaに染み込み、もはやこの世界には、アナログ・メディアというものはなくなっていることを理解しないといけないでしょう。そう、カメラに詳しい方は、「デジ一」と言っていますが、今の子供たちは「アナログ」カメラを知らないのです。従って今の子供たちにとって「カメラ」は「デジタル・カメラ」のことになります。そして、今の子供は、ラジオを「ラジオ受信機」ではなく、「スマートフォン」で聴いているのであり、彼ら・彼女らに取っては、「ラジオ番組」もデジタルになっているのです。

おっと、話がそれましたが、来週月曜日は、STEP-ONEのPICK ONEコーナーの出演楽しんできます。そして、できたら、月曜の朝に、私が何をNewsPicksでPickするかにも注目頂けたら、PICK ONEも楽しく聴けるのでは。私の領域が「Data×ビジネス」なので、その領域で面白いニュースが当日あれば良いのですが。ちになみ、他のPro Pickerには、ロレアルの長瀬さんや、グラフの原田さんなどがいらっしゃいます。

といいながら、今日の午後は、ビジネス・ブレーク・スルーChのマーケティングライブのテレビ収録です。こちらも、がんばります。