いまさら、いや今でもSEO (検索対策)

標準

先週のクリスマスの日に、にわかに私は、Facebookで以下のような質問をしました。

最近って、WebページのSEOアドバイス用に、キーワードの濃度を表示してくれるWebサービスって、もうなくなったの?
昔は、平文入れたら、単語別の濃度を表示してくれるページってあった気がするんですが。

なんで、こんな質問をしたかというと、とある企業のページに原稿を書かなくてはいけなくなったからである。今さら、SEO (Search Engine Optimize)ではないだろうと思うかもしれないが、いまだにWebページの探索は、テキスト中心の検索なのである。

Googleが、Year In SearchというVideoを公開しているが、これもテキスト検索なのである。

このようにBlogを書いている私も、どのような言葉を使って、BlogをPostすべきかは、SNS(Facebook, twitter)からの流入が増えた今でも、とても気にする。キーワードウォチャーのような検索回数のデータも見るし、それにあわせて自分の原稿の言葉使いも修正する。そう、実はBlogと書かずにブログと書くべきことも、。キーワードウォチャーのような検索回数のデータは教えてくれる。blogが2015年11月には7,700回の使用回数なのにたいして、カタカナのブログは、108,000回もあるのだ。

そして、それを理解してどの単語を何回程度、原稿に書くかを調整したい。そのために、原稿の中の単語の濃度を知りたかったのだ。皆さんに紹介してもらったのは、以下の2種類である。感謝の気持ちも含めて、整理しておきます。

User Localのだれでも簡単に使えるテキストマイニングツール

http://textmining.userlocal.jp/

このWebサービスは、Webページにテキスト入力Boxがあるので、そこに原稿を書き込めば、単語の出現頻度や、単語間の関係を図にしてくれる。非常に簡単なToolである。

WS000000.JPG

ohotukuのキーワード出現率チェック

http://ohotuku.jp/keyword_ratio/

こちらは、公開されているWebページのURLと調べたい単語を入力し、出現頻度を調べるToolである。

WS000001.JPG

このように、自分の関係しているページの単語のチューニングによる検索エンジン対策は地味な仕事であるが、もう少し残るのだろう。

もちろん、現在単語辞書なしの意味理解というアプローチもAIの世界では進化しているので、違う文字列の単語も、意味が同じであれば、検索結果に反映される日もすぐそこに来ているとは思うが。

あ、これらのToolを使ったページの公開は、年明けになります。公開されたら、またご連絡しますね。っていうか、本当に1ページだけなんですが。

 

企業のWeb担当者は、HTMLが書けるのか?Cookieの仕組みを理解しているのか?

標準

今日は、8/31である。一般的に、東京では小中学生の夏休み最終日だそうだ。私は、札幌育ちなので、夏休みはお盆が終わる、8/18頃にいつも終わるので、9月とともに新学期といわれてもピンと来ない。

さて、夏休み最終日といえば、宿題の締め切りである。そこで、思い出したことがある。企業のWeb担当者は、自分で簡単なHTMLを書けるのであろうか。アドテクノロジー好きな広告主は、Cookieの仕組みを理解しているであろうか?

簡単なHTMLの例

簡単なHTMLの例

この私の、WordPressで作られているBlogも、ソースを見れば、HTMLで書かれている。

HTML
HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ)

とは、Webのページを、ブラウザーが文字や図を表示させるために作られた言語である。1989年に登場したこの言語である。初期のころの歴史は、W3Cのサイトに詳しく書かれている。初期のころのHTMLには、命令できるコマンドが少なく、この「千葉麗子とつくるインターネットホームページ―世界一やさしいHTML入門」では、なんとHTMLのコマンドは、見開き2ページ分しかない。

私の家には、なんとこの本に、監修の伊藤譲一さんにサインして頂いた本があるのだが。

さて、簡単なHTML、たとえば、

<body>
 <h1>私の主張</h1>
  <h2>序論</h2>
    <p>まず私のいいたいことは…ということだ。</p>
    <p>次に言っておくべきは…なのだ。</p>
  <h2>本論</h2>
   <h3>いいたいことその1</h3>
    <p>最初の点をくわしく説明しよう…</p>
   ...
 </body>
</html>

くらいは、何も見ずに、企業のWeb担当者は書けるのであろうか?ここの<h1>とか<h2>というものが、SEOの文字の含有量計算に使われる、重要な文字の大きさ指定なことも、わかっているだろうか?

今や、確かにHTMLの要素は複雑になり、そして、CSSや、JavaScriptも理解しないと、きちんとしたWebページはできない。でも、基本的なHTMLの文法や簡単なコマンドは覚えておいて損はないだろう。

例えば、「30分間HTML入門」とか、参考に少し覚えてみるのは、動だろうか。

次に、Cookieについてはどうだろうか。Cookieは、個人情報になるのとか、Cookie使えなくなるから、アクセス・ログ取れないとかという、会話によく出てきますが、Cookieの仕組みは理解していますか?

Cookieの基本動作

Cookieの基本動作

こちらは、Cookie制御のプログラムを書ける必要はないでしょうが、仕組みは理解した方が良いですね。この正しくは、HTTP Cookieは、1994年の登場以来、さまざまな議論をされながら、発展してきました。基本は、Cookieというものは、実態があり、各自のパソコンにデータとして保存されています。

この各自のパソコンにデータとして保存されるということから、何人かの人が気持ち悪いがり、初期はCookie反対との意見も多くありました。また、何が保存されているかも、多くのユーザーには見えないので、それも議論になりました。

Wikipediaの解説

等を読んだり、身近なWeb Programmerに教えてもらうのが良いでしょう。このCookie、個人情報保護の問題にも絡んで、Webの担当者はきちんと理解しないといけないでしょう。

きちんと理解しないまま、ことにあたると。

「厳重なファイアウォールで隔離されている」

という、甘利大臣のような発言につながります。そうならない前に、基本的なことはしっかり学んでおきましょう。

HTML5 Japan Cup 初回ハッカソン参加してきました

標準

やはり、Webのサービスを考えるには、最新のHTML5の理解からということで、今年はHTML5 Japan Cupをスポンサードしています。1996年に花王のWebサイトを公開しましたが、もうWebはコンテンツだけでなく、サービスの領域にも入り始めているのです。まぁ、最初の頃は私は、Webサーバーの構築からHTMLのコーディングまで行っていましたが、もはやそんな時代でもないですしね。そして、そのエンジニアを育てられない大企業の問題。だったら、使える人・考える人に手伝ってもらえば良いのではと考え、HTML5 Japan Cupに参加しております。

HTML5 Japan Cup 2014 ハッカソン#1

HTML5 Japan Cup 2014 ハッカソン#1

そして、初回のハッカソンに2014/4/26に参加してきました。場所は、21cafe。集まった方たちは、30名弱。朝10:00〜夕方6:00まで、楽しい時間を過ごしました。

そもそも、ハッカソンのような活動を大企業に持ち込むこともInnovationです。既存の会議も限界はあるわけです。だって、会議をきちんと進行できるファシリテーターは、意外と少ないですよね。そして、会議にいれば良いと思っている人ばかりだと、生産性も少なくなる。ハッカソンは、本当にクリエィティブな仕組みだと思います。そして、ハッカソンを進行できる人は優秀で、さらにハッカソンに参加したいと思う方は、勇気のあるクリエィターです。

HTML5 Japan Cupのハッカソンの終わったあとに、21cafeでの懇親会では、皆さんの熱い思いを感じ、素敵な人が、ハッカソンに参加していたのだと本当に理解しました。

ハッカソンには、このHTML5 Japan Cupのアイディアを探しに来た人もいれば、逆に発表したいことがすでにある人など、本当に様々な人がいて、でも熱量は高かったですね。

今回は私が参加したこともあり、花王の賞について考えてくれたグループも2組もあり、本当にそれについては感謝です。だって、花王の製品カタログのハックですよ。面白くないよね、と思いながら皆さんのアイディアを待っていたんです。

花王の製品がWeb 通信で使われる

花王の製品がWeb 通信で使われる

花王の製品をPinterest風に

花王の製品をPinterest風に

本当に素敵なアィディアに出会い、もっと企業の情報の公開について、もっと考えないといけないと、通関しました。そして、このHTML5 Japan Cupの2014年7月26日のファイナル・グランプリまで見届けないといけない理由を再確認しました。

おだんみつ さん

おだんみつ さん

そして、21cafeも素敵なスペースです。アイドルの「おだんみつ」さんも素敵でした。いや、そしてこの企画全体をリードしてくれている白石さん、すごいPowerです。私も企業で頑張ってWebエンジニアを育てないと。

なお、当日の様子はこちらから、確認できます。

私も少し成果発表には出ていますよ。

HTML 5 Japan Cup始まる

標準

企業のWeb担当者で、HTMLを書ける人がどれだけいるのだろうか。私自身は、大学時代にプログラムの授業を受けていたし、花王に入社してからも、Fortran, C, Perl, Lispなどを利用していたので、HTML2というころから、Webのマーク・アップ・ランゲージを書いていた。

HTML5 Japan Cup

HTML5 Japan Cup

最初の頃というか、実際に1999年までの花王のWebサイトのコーダーとしても、働いていた。HTMLも、進化をし、HTML 3の時代には、手でほぼ書いていた。その頃は、CSSもないので、手で書く方が見通しが良かった。一方、HTML4の時代になり、CSSやJavaScriptが有用になると、HTMLは手で書かず、私自身は、Perlを使って吐き出していた。そして、HTML5が主流になった今は、実はまたHTML5の技術をきちんと使えていなかったりする。

ところで、現在企業において、HTML5のコーダーを、育てることは、一般的にはかなり厳しいだろう。また、これだけネットワークが発展しているときに、すべて自分のまわりの顔の見える人とWorkという時代でもない。しかし、HTML5に優秀な人も探しにくい。

そこで考えたのが、昨日20144/14に発表されたHTML5 Japan Cupの協賛である。この賞は、最高賞金350万円と非常にゴージャスな企画にもなった。そして、花王の実際のサイトを活用して、再構成してもらうという賞まで作ってもらった。「花王製品カタログサイトを徹底的にリ・デザインしてください!(仮)」である。HTML5 Japan Cupリードしてくださる、html5j.org 管理人の白石俊平さんのサポートもあり、ようやく昨日のHTML5 Japan Cupの発表に間に合った。

html5j

html5j

今は、企業の中にすべての知識や技術が集まる時代ではなく、多くの優秀な方たちとコラボする時代である。そんな時代だからこと、企業が外に出て、そのカテゴリーのスペシャリストと積極的にあって、そこから得られたものを、お客様に提供する時代だろう。

今年1年は、このような外部の方たち、特にカテゴリーの異なる方たちとのネットワークを強くして、次の10年間も戦える体制を築きたい。もちろん、私自身の成長も大きなテーマなのであるが。

 

あ、それと、花王賞の説明資料も、公開しますね。