最新デジタルを使った、産業革命

標準

Digital技術は、やはり産業を変えている。正しくは、進化させている。しかし、その領域の既存の事業者からすると、異業種参入の大きな、革命に感じる。

Mink

Mink

2014年の5/5~5/7に開催されていた、Disrupt NY 2014で発表された、Minkは、化粧品業界の常識を大きく覆す、異業種参入だ。この記事にプレゼンテーションVideoがあるが、プリンターで化粧品を作ってしまうというものである。今までは、化粧品といえば、ある量の混合タンクや、プレスの機械など、いくつもの工場の装置が必要だった。それが、プリンターだけで良いのである。

既存、化粧品事業者からすると、異業種参入という言葉を使うが、実は化粧品を誰でも作れる時代になり、本当に作りたい人に、権利が移動したとも考えられる。今までは、”作れるという権利”が大きな既得権益だったのが、”作りたいという意思”に負ける時代になったのである。

これは、Digital技術により、プロセスをシンプルに、モジュール化することからきているのかもしれない。

Google Shopping Express

Google Shopping Express

そして、もう一つの最近の異業種参入は、GoogleのShopping Expressである。これは、商品をお店から、自分の好きな場所まで、商品を即日届けれくれるというサービスである。Googleお得意のデータ整理、検索の副産物である。体験記事は、Gizmodeにあるが、これは、EC専業事業主からすると異業種の参入に見えるだろう。しかし、既存のお店からすると意外な助け人かもしれない。

 

Digitalでは、Dataを上手に扱うと、新しいビジネスが生まれることからきているサービスだろう。

この2つの例からも、Digitalの本質を考えると、新しいビジネスも生まれるし、逆に既存の事業者にとっては、大きな競合の登場になるだろう。

今、マーケッターが考えないといけないことの中に、Digital Marketingに加え、Digitalを活用した事業そのものがあることを忘れてはいけないだろう。

 

ad tech San Francisco 2014 終了

標準

ad tech San Francisco 2014のすべての日程を終了して、これから日本に戻る、San Francisco 空港にて、今週の経験をまとめようとしています。

大きく感じたのは、Programmableや、Mechanization というテクノロジーのキーワードが、広告ではなく、コンテンツの領域に浸透し始めたこと。そして、Story Tellingという、キーワードも合わせて多くのセッションで聞いたことです。

 

Panel Session:Get With the Program! The Value of Programmatic Advertising

Panel Session:Get With the Program! The Value of Programmatic Advertising

まず、Programmaticですが、今まではRTBなどの広告の領域の話では、よく出来てきたのですが、この話が、Webサイトのコンテンツや、テレビの放送の話でも出てきました。例えば、テレビでは、Set Top Boxの番号で、ふさわしいコンテンツと広告を送信できなんだろうかと、日本ではあまり議論されていない話が、2日目のKey Note 「John Battelle, Executive Chairman, sovrn – The Evolution of Digital Marketing: From Content Marketing to Programmatic」で、話題になりました。このような話は、日本では、あまりされていないと思うのですが、確かに技術的な話です。そして、そのセッションでも、技術があり、それにビジネス・メリットがあれば、今までの方法を変えても良いのではないかという議論がありました。ここは、日本での、今までの方法を維持しながら、新しい技術を取り入れる議論とはことなると思います。

私はこのセッションの話を聞いて、まず今起きているDigitalの技術進化を導入するかしないか白紙の状態で、まず明確に議論すること。そして、ビジネス・メリットがあるなら導入するというステップが、必要なこと実感しました。とかく、技術者は導入するために、技術の説明をするのですが、そこは一歩引き、技術の可能性と、ビジネスのメリットを検討してから、導入提案の話に行くべきなのでしょう。

次にStory Tellingですが、こちらが気になったのは、San Franciscoという、技術の街においても、この単語が出て聞かたことが重要だと感じました。つまり、ある意味現在、技術進化のフェーズではなく、応用・活用のフェーズに入ったため、この単語がad tech SFでも、出てきたのではないでしょうか。

Start-up Spotlight

Start-up Spotlight

最後に、今回も日本人ツアーとして参加いただいた皆さんに感謝します。セッション終了後に、みなさんと感想を言い合えること、そして知識を保管できることは、カンファレンスの理解が高まるだけではなく、日本に戻ってすぐ行えることのヒントを頂けました。

そして、日本のマーケッターの方へは、技術やマーケティングの知識のGapは非常に小さくなっていると思います。重要なのは、明確な方向性を決めて、前に進める意志と、一緒に進めるパートナーとのネットワークだと思います。何も、遅れなどないのです。一緒に活用するアイディアを真剣に考えれば、日本初の新しいDigital Marketingが、どんどん生まれてくるのではないでしょうか。