まだInternetの活用などと言っている場合ではない。科学技術の進化そのものを理解しないと、ビジネスできない。

標準

2014年10月8日から10日に、虎ノ門ヒルズで、Innovation City Forumというカンファレンスがあり、私のラッキーなことに参加することができた。

その中で、10月9日の、伊藤譲一さんの講演が非常に刺激的だったので、少し遅くなったがレポートしよう。講演の内容は、すでにサイトにて公開されているので、興味のある人は、以下をご覧いただきたい。

まずは、Internet登場前と、登場後の認識を再確認である。Before InternetとAfter Internet。そして、現在はAfter Internet=AIの時代であり、Internetを利用しないことは考えられないことを指摘している。

BIの時代に、何か新しいサービスをしようとしてきたときには、自分でハードもソフトも用意するために、大きな導入費用が必要でした。

しかし、現在のAIの時代では、ハードもソフトもネットを使って、安く効率よく調達できるようになりました。そして、ムーアの法則に合わせて、コンピューターの費用はどんどん安くなっています。

以前のビジネスでの優位性は、資金調達でした。しかし、資金調達の意味が薄くなってきた今、ますますアイディアが重要です。

そして、私がおどいた事例の一つは、サムスンの「Techwin Pick and Place Machine」です。これは、電子基板の自動工作機です。これが、あれば、好きな回路を、自分の部屋で大量に作れるわけです。もう、以下のVideoを見ると笑うしかないです。

これが、1億以下で買えるわけです。つまり、まぁ、クラウド・ファンディングして少しお金を集めたら、自宅の部屋が電子基板制作工場に早変わりです。そう、このようにモジュール化されている電子事業は、どんどん誰でも制作できる環境に移行しているのでしょう。むしろ、「何を作るか」が重要です。そして、大量生産という言葉にも意味はなくなりつつあるのです。

次に驚いた事例は、「遺伝子研究」のイノベーションです。今までは、DNAの分析などにコンピューターを使った事例は知られていましたが、Desktop 遺伝子工作ができるようになってしまったそうです。「DIY BIO」という団体が出来ていますし、日本でもバイオハックというサイトが立ち上がっています。なんと、オライリーからは、「Illustrated Guide to Home Biology Experiments: All Lab, No Lecture」という本も出版されています。

このような、生物・遺伝子工学の進化は、私たちの周りにある、素材の開発やヘルスケアーの進化に大きな変化をもたらすはずです。

この変化は、まさにコンピューター発生時のシリンコンバレーでのガレッジの工房を思い出させます。まさに、ガレッジの研究が、コンピューターから、生物・遺伝子の領域に移行し始めたのでしょう。

このように、今回のInnovation City Forumでは、科学技術の進化が、これから私たちの生活やビジネスを大きく変化させるのだと、実感しました。

これからは、科学技術の進化の伝播と開発は、Internetを使い情報の交換と協働作業が大幅に改善されるために、今まで以上に速く進むでしょう。ビジネスを企画する人は、まさにこの流れに遅れてはいけないのでしょう。いまだに、Internetがわからないと言っているのは、明らかに1世代遅れていることを認識しないといけないのでしょう。

Innovationについて、少しでも理解したい人は、StartUpコミュニティーに飛び込んで見るのも良いのではないでしょうか?12月にも、Innovation Weekendというイベントがあり、私も参加します。

実は、このフォーラムの参加後、これにInspireされ、もう一度Maker: マインドを取り戻すために、Raspberry 工作などしているわけです。現在、我が家にはRaspberryが2台。1台は工作用。一台は、XBMCマシーンとして、テレビにつなぎ、様々なコンテンツをテレビで見る、いわゆるお手製のAppleTV見たくなっています。

カンファレンスに計画的に参加しているか

標準

このBlogや、SNSネットワークを参照してくださっている方の多くは、マーケティングや、Digitalに興味ある方だと思う。それは、とても有難いことであり、本当に感謝の気持ちで一杯である。こんな数学者でも、マーケティングやDigitalに少しでも貢献や、期待値を持たれているだけでも本当に嬉しい。

そして、今年もad tech Tokyoの季節がやってきた。今年は、光栄なことに2つのセッションで、モデレーションをさせて頂く。このようなカンファレンスに参加することは、私のアイディアの整理や、多くのアドバイスを頂けるので、非常に意味のあるものだと思っています。いわゆる、会社の仕事のための、準備としては、重要なものである。会社の仕事が収穫だとすれば、このようなカンファレンスに出ることは、田・畑を耕す意味があるのであろう。

Brand Summit Asiaで、パネルに参加した時の様子。いつものように、緑が私。

Brand Summit Asiaで、パネルに参加した時の様子。いつものように、緑が私。

ところで、皆さんはこのようなカンファレンスにいくつ参加しているだろう。また、自分の力の向上のためにどの程度、計画を立てているだろうか。ここに、このBlogの読者に協力を頂いた、カンファレンスの認知と参加のデータがある。

カンファレンスの認知と参加

カンファレンスの認知と参加

見ればはっきりしているが、参加が少ない。理由はいくつかあるだろう、開催地が日本ではない、参加費が高いなどなど。いや、ちょっと待ってほしい、あなたは、カンファレンスを知っている。そのカンファレンスを知っているメンバーがほかに沢山いるだろうか、その組織の中に。そして、そのカンファレンスに興味があるから、認知しているのであるとしたら、カンファレンスは仕事に近い領域のはずだ。

私は、以下の2つの理由で、カンファレンスには計画的に、そしてもっと行くべきだと思う。

一つ目は、自分の基礎体力強化のためだ。会社や組織に、あなたの力を提供したとしたならば、次の力を得るために、もう一度体力をつけるために、カンファレンスに出て、体力を養うべきだ。日本の会社・従業員は、あまりにも自分の強化のために、もっと組織に教育の機会を得られように努力すべきだし、経営者はそれこそが大きな従業員のつなぎとめの方法だと理解してほしい。

二つ目は、あなたが知っているカンファレンスは、あなたが行き、企業に意味があるかどうかも含めて、確認すべきだ。意味があれば、他のメンバーに推奨し、無駄であれば明確に無駄だとレポートすれば良い。これは、企業活動において、外部の知識・知恵を取り込むためには、重要なことだ。

もう一つだけ、別な、そして邪悪な理由を付け加えよう。あなたは、自分の会社で、」自分の机で仕事をしていることで、大きな成長を遂げただろうか。そして、その成長はその領域のTop Classの成長だっただろうか。

ad tech Tokyoでは、多くのマーケッターがあつまり、変革しないといけないマーケティングについて、多くの議論が行われるだろう。そして、たくさん得るものもあると思う。

カンファレンス参加後、ad tech Tokyoで得られたことを、もっと多くの領域で得るためにはどうしたら良いか、考えてほしい。

私の意見は、「自分を枯らしたくないのであれば、常に田畑を耕すことであり、そのために、カンファレンスの参加は重要な手段である。」

 

今年もad tech San Franciscoに参加しに来た

標準

今年も、ad tech San Franciscoに参加しに来ました。2012年、2013年、2014年と3年連続です。そんなに、国際カンファレンスに行く必要があるのか?そんな質問もあると思います。でも、参加することにより、仕事のスコープがシャープになるのです。

実際に、昨年のAOLのTim Armstrongのセッションにヒントを得て、この3/1から、デジタルトレード室という新しい部屋を作ってもらい、新しい仕事をし始めたりしています。

ad tech San Francisco 2012

ad tech San Francisco 2012

このようなカンファレンスでは、人の成功例を聞くのではなく、何を皆が課題に思っているのかを理解すること。自分の課題の解決にヒントになるアイディアがないか、カンファレンス中探索すること。この2点が、重要だと思っています。

ちなみに、誤解される方がいると思うので、自分の課題解決のヒントとは、決して答えでないことを、強調させていただきます。もし、答えがあるのであれば、その答えを真似した段階で、すでに遅れをとってしまうのです。答えは、あくまで自組織・自分で、新しい答えを作るべきなのです。

したがって、実はad tech San Franciscoのような、国際会議に出ている最中は、頭の中に、たくさんのクエスチョン・マークと、多くの整理すべき情報が一杯になり、少し時間をおかないと、考えが整理されません。

でも、貪欲に人の話を聞き、貪欲にその部屋のメンバーやスピーカーと情報交換をすると、必ず気づかされることがあるのです。このインターラクションがあるので、会場に足を運ぶのです。単に、Videoを観たり、参加者の報告を聞いても得られないことが多いのです。

今年も、自分の課題解決のために、多くの発見をad tech San Franciscoで探したいと思います。