アビームコンサルティングで、始めてセミナーを行います。

標準

早いもので、ABeam Consulting(アビームコンサルティング)に、入社して3ヶ月がたちました。皆さんからは、48歳の初転職ということもあり、かなりご心配をおかけしたと思いますが、3ヶ月も立つと、それなりに新しい組織、新しいビジネスに慣れてくるものです。このあたりは、かなりアビームのメンバーに助けられている点も多いと思います。

abeam

アビームコンサルティング株式会社のロゴ

そして、3ヶ月が経過し、ようやくABeamでの、新しい仕事を発表できる時が来ました。考えてみれば、この数ヶ月メンバーと、日夜考えてきた新しいコンサル・サービスの発表です。本当に感慨無量です。そしてコンサル・サービスの発表会を、ここアビームの本社にて、2016年1月27日(水) 15:00~17:00で、行うことになりました。ぜひ、丸の内のアビーム本社にて、セミナーに参加いただければ幸いです。今回は、どの程度の期待値があるか、正直心配なので、60名のセミナーになります。詳細は以下のページを参照ください。

 

map_marunouchi

ABeam 本社の場所

ところで、マーケティングとコンサルって、少し遠いですよね。しかし、期待値は高いようで、2016年初頭のcomexposium (ad techの主催会社)の「中澤 圭介が予測する、2016年のマーケティングトレンド」という記事でも、

2. コンサルティング企業のさらなる躍進

データマーケティングが経営課題として捉えられることで、この分野において経営コンサルティング会社の存在感が一層高まる。近年、広告会社とコンサル会社が競合することも増え、コンサル会社がエージェンシーを買収し、クリエイティブなどすべてに応えられる体制を整えてきている。企業は、どこをパートナーとすべきか、より広い見地から考えて選べるようになり、コンサル会社にとってはチャンスが広がる。エージェンシーは、自社の独自の強みや、貢献できる点を磨いて明確にクライアントに提示することでチャンスを広げていきたい。

と取り上げられています。確かに、今回発表するABeam DigitalのDigital Marketingに対応したコンサルも、上記のような課題解決を含んでいます。私たちのサービスは広告会社との競合はないのですが、その領域まで取り込んで行っているコンサルも存在します。私たちのコンサルサービスの詳細は、セミナーや、セミナー開催後にご質問いただければ、ご説明させて頂きます。

ここでは、コンサルとマーケティングの関係について、私の経験を少し紹介したいと思います。実は、私はマーケティング部門において、コンサルティング・ファームとの仕事が非常に多いので、ここではABeamの宣伝ではなく、私の経験を中立に紹介したいと思います。

最初のコンサルティング会社との取り組みは、インターネットが始まって間もない、2000年代初頭の話でした。一緒に行わせていただいたのは、ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ様でした。目的は、Webマーケティングの活用方法と、今後のLoad Mapの策定でした。

2000年代初頭の企業には、まだインターネットやWebに関する専門のマーケティング部署は存在しておらず、私たちはいち早くその組織を立ち上げました。しかし、行う仕事が多いのです。事実、私は当時、Webサーバーの管理者でもあり、HTMLのコーダーでもあり、アクセス分析Tool(当時は、Analogというソフト)の運用を行い、そして広報のニュースリリースも、商品の広告サイトの企画も行っていました。しかし、優先順位は決まっていないは、みんな好き勝手にサイト作ろうとするはで、混乱していました。そこで、Web Marketingのあるべき姿を、関係者200名くらい巻き込んで、策定するというのがこのケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ様とのプロジェクトでした。

このプロジェクトで、さまざまな関係者から意見を吸い上げ、ある基準に基づいて集約させ、そしてそれを膨らませて、また最終的に強力なLoad Mapの策定を行うということを体験し、理解することが出来ました。また、会議のファシリテーションが、どれだけ重要かと学べたのはこのプロジェクトのおかげでしょう。以後、Web広告研究会などで、会議を率先してリードできるようになったのは、この頃のおかげだったと思います。

そして、会社としてもこのLoad Mapの中に、Webのインフラの強化が、はっきりとした形で盛り込まれ、日本の企業としては、早い時期にTeamSiteというWeb Contents Management Systemを導入することが出来ました。そして、これに続いて、さまざまなWeb関係のIT Toolの導入をスムーズに行うことが出来る体制・予算を確保したのでした。

マーケティング部門で、IT予算を取ることは今でも非常に難しいと思います。しかし、このケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ様とのプロジェクトでは、情報システムとのバーチャルな組織作りの重要性も、幹部に説明が出来き、そして情報システム部門以外でもIT予算が必要なことを説明できました。このことは、本当に大きなメリットだったでしょう。当然、社内の関係者ではこのことに気がついているのですが、きちんと議論を尽くして、幹部にプレゼンできたこと。客観的な、情報をコンサルティング・ファームに頂き、優先度を幹部に説明できたことは、何よりも日本の企業では重要だったかもしれません。

その後も、コンサルのサービスは、使いました。時には、システム・インテグレーターのサービスに、時期のWebサイトの仕様を決めるためにもコンサルして頂きました。また、ある時には、何人かの有識者に入って頂き、Web広告とその分析について、コンサルしてもらうこともありました。 そして、前職では転職する直前までも、デロイト・デジタル様とのプロジェクトが進行していました。

このように、2000年から2015年までの時間の半分程度は、コンサルとのプロジェクトがあったと思います。コンサルと仕事して良かったと思うのは、企業の視点と、個人の視点から以下があります。

企業の視点

  • 複雑な関係者をProjectという名の下に集められ、利害関係の調整が可能である。
  • 新しい概念の仕事や予算設置に対して、外部・客観情報を加えることで、幹部の判断が容易になる。
  • 日常業務と異なるProjectの仕事では、本来組織が行う中期・長期の計画が実行可能な形で立案できる。

個人の視点

  • コンサルの仕事の進め方のいくつかには、自分で取り入れたほうが良い技術が多く、修得可能である。
  • 企業のProject Managerになれば、それ以上に自分の能力と向き合うことになり、自分の成長も引き出せる。

こんなことを感じており、今回はあまりコンサルティング・ファームと接点の少ないマーケティングの皆さんに、新しいコンサルサービスを提供しました。

でひ、組織の中のマーケティングを変革しようと思っている皆さん一緒にProject.行いましょう。

 

アビームコンサルティングで、始めてセミナーを行います。」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中