YouTubeの3H戦略以外にも、Slow TVというジャンルもありかも。

標準

夏休みを頂いているので、HDD(Hard Disk Deck)に取りためしていた、NHKのSuper Presentationを見ている。その中の、Thomas Hellumさんの「The world’s most boring television and why it’s hilariously addictive」は、YouTubeなどの、ネット動画のコンテンツを考えている私にとっては、とても参考になった。

この話、ノルウェーのテレビで、時間軸に対して一切編集を行わない、Slow TVという新しドキュメンタリー番組の説明である。以下の動画を見ていただきたい。

いや、最後まで見ると7時間の番組であるので気をつけてほしい。ノルウェーの山岳鉄道の始発から、終点までの全行程を中継した番組である。

Thomas Hellumさんが、Ted Talkの中でも説明ているが、このSlow TVという番組の手法は、時間軸に対して全く編集がない。もちろん、さまざまなカメラー割りや、特殊な撮影を用いており、映像は綺麗である。が、飛ばしてみることは出来ず、逆にそれ故に臨場感や、参加感が出てくるのであろう。

さて、話をYouTubeに戻そう。YouTubeでは、BrandLabという動画に関するワークショップを開いている。この中で、広告主が、コンテンツを作るストラテジーとして、3Hという概念がある。Help,Hub & Heroである。(Helpを以前は、hygieneといった )このことは、オムニバスの山本社長との対談に上手に収めていただいたので、そちらを見ていただきたい。

このワークショップでも、実はYouTubeに最初に公開された、Me At the Zooという動画が話題になる。

この、2005/4/23に公開された19秒の動画は、実に多くの再生回数を誇る。そして、なぜこの動画が見られるのかの理由はよくわからない。

しかし、Thomas Hellumさんの「The world’s most boring television and why it’s hilariously addictive」のプレゼンを聞いたあとに、以外と共通項は「時間軸無編集番組」つまり「Slow TV」かもしれないと思った。

テレビでも実現している、「時間軸無編集番組」つまり「Slow TV」は、意外とネットの動画でもひとつのジャンルになるのではないだろうか。

事実、以下の小動物の映像などは、本当にずーっと見たくなるのである。Denne lurte nesten alle

YouTubeの”always on”

標準

今日は、San BrunoのYouTube HQを訪問しました。その中で、YouTubeの方に、”always on”のお話を伺いました。

YouTube HQ

YouTube HQ

“always on”というと、Googleの検索マーケティングや検索行動を連想しますが、今回はYouTubeの動画についてです。YouTubeは、ご存知のように、動画配信プラットフォームです。多くのコンテンツ・プラバイダーが、直接ユーザーに動画を届けるために活用していますし、お金をかけてTVで放映できないコンテンツも集まり始めています。また、YouTuberと呼ばれる、すでにYouTubeに多くのファンを持っているクリエーターの方も増え始めました。

YouTube HQ見学の様子

YouTube HQ見学の様子

そして、ユーザーも興味のある映像を探そうとしており、ここに今までのテレビにない、Brandとそのファンとのコネクションの機会、そして理由があるというのが、YouTubeのalways onの考えである。

確かに、今まで広告主は、認知や購買直前の後押しのために、テレビ・コマーシャルを、広告主の思惑のもとに、大量投入したり、入れなかったりしていた。しかし、購買検討者は、それと関係なく購買決定のために、必要な情報をInternetで求めたりしていて、そのニーズの機会は、広告主の広告投入計画とは無関係である。

もっと、賢くお客様とコミュニケーションするために、ネットの動画を、常にお客様とコミュニケーション可能なチャネルとして、常にOpenにしておくことは、必要なことだろう。

しかし、この説明を聞いたときに、お客様の検索ワードとと私たち広告主の単語に違いがあったこと。そして、映像の世界でも、どのような単語でその動画にたどり着くのか。そして、それが、意味のある動画なのかという、今までよりもバージョン・アップした問題を解かないといけないのだと、痛感した。

日本は、携帯の回線もPCの回線も、問題ないのである方、ますます、動画コミュニケーションのニーズは高くなるので、このようなalways onに対応する、企画・製作能力を磨く、もしくは構築できるようにならないといけないと実感した、YouTube訪問でした。