NFL 2015のトレーニング・キャンプがスタート。試合開始まで1ヶ月

標準

NFL(National Football League)の各チームのキャンプがスタートしました。

New York Jets の2015 Campから New York Jets の2015 Campから

ここでは、少しNFLファンのためではなく、Sports MarketingとしてのNFLのCampについて書きましょう。

NFLのキャンプ期間は非常に短く、約1ヶ月です。日本の野球のキャンプは、2/1スタートで、3月末に試合開始になりますから、それよりも短いです。NFLのキャンプのスケジュールは、全チーム当然公開されています。面白いのは、複数のチームでの合同キャンプもあります。

この期間の短さから、ファンの注目も集まり、各チームこのキャンプを公開しています。そして、各チームキャンプのファン用のツアーなども用意しています。例えば、New York Jetsのキャンプのチケット・ページを見てみましょう。キャンプににMicrosoft Surfaceのスポンサーもついいたりして、キャンプというイベントを最大活用しています。

もちろん、キャンプが始まると、NFLNETWORKという、NFLが保有の放送局でキャンプの番組が始まります。今、私もアメリカの放送をインターネットを使って見ています。TRAINING CAMP PRIMETIMEという、3時間のキャンプ番組では、全32チームの毎日のキャンプの情報を放送します。この番組のスポンサーは、三菱自動車です。

更に、キャンプ用の各チームのアパレルなど、チーム・グッズが作られ、一斉にOn Lineやキャンプ開場で販売されます。

そして、もう一つキャンプを魅力的にしているのは、選手には酷な話ですが、キャンプの1ヶ月間で、最初の3週間で、90人→75人、そして試合直前までに53人までに絞らないといけません。つまり、選手はサバイバル・ゲームに参加しています。ファンは、どの先週が残るか、残って欲しいかも注目なのです。

このように、NFLのTraining Campは、

  • 各チームはファンが楽しめるサービスを提供
  • リーグとしては、放送やグッズを使ってエンハンス
  • 魅力的な(酷な)選手のサバイバル・ゲームである

など、さまざまに考えられているのです。

日本の野球も、キャンプを最近はCATVで放映などしていますが、もっとファン獲得のため、話題作りのためにさまざま考えると活性化するのではないでしょうか?

NFL Draft 2014は、5/8~5/10

標準

National Football League(NFL)は、毎年新人選手を指名するDraft会議を、春に行う。今年は、2014年5月8日(現地時間)から5/10に開催されます。

一般にドラフト会議というと、日本人は野球のDraft会議を連想するが、それとはまったく異なる。大きく異なる点を、私なりに3つ上げてみよう。

(1) Draft会議のチケットが販売されている。

なんと、3日間のドラフト会議の入場券が販売されている。しかも、ツアーになっており、価格は一人、599$。自分のチームの新人にいち早く会える。しかも、場所はニューヨーク・ラジオシティーである。つまり、ドラフト会議自体が、ショー・アップされているのである。

(2)そして、Draft会議がテレビ中継される。

これも、ドラフト会議がショー・アップされている一つの成果であろう。昨年のNFL Draft 2013の最初の18分程度がYouTubeに公開されているので、見て欲しい。日本で、野球のドラフト会議の番組が生中継が面白くなかったのと比べると、かなり違う。

そして、テレビ中継されるために、実は各チームが選手を指名する時間が決められている。まさに、ここにもTime Managementを要求される、アメリカン・フットボールの流れを継承している。

NFL Draft

NFL Draft

(3)そして、Draft順位は、前年の勝敗の悪い順位から

これも、日本の野球のドラフトにないルールである。ちなみに、今年のNFL ドラフトの順位も当然決まっている。この順位は、ちなみチームの間で交換しても良い。たとえば、すでに獲得している選手と交換して順位を得る場合もあるし、その順序を放棄しても良い。これらが、ドラフト会議の当日に会場で、テレビで確認できる。

このように考えると、NFLのDraft会議は、良く考えられたゲームになっている。日本の野球のドラフトとは大きく異なる。

Pro Sportsは観客あってのビジネスであり、観客が楽しめるようにルールを整備することも重要なことだと思われる。