2014年が終わる。今年はどうだったのか? マーケティング、科学

標準

2014年が、もうすぐ終わろうとしている。今年は、充実した年だったのかと考えるが、まずは自分の充実の指標を今年も設定できていなかったことに、また反省するのである。私の、日々の生活のKPIがなっていないのである。

でも、少し今年を振り返ってみたい。今年、仕事というかマーケティング領域では、自分の仕事が大きくEC/Direct販売の領域に変わった。このこと自身は、自分の希望でもあり、それが年の当初に達成できたことは満足していたのである。しかし、やり始めると大変である。大企業というか、歴史の長い企業にとって、ECというのは新規販売チャネルの拡張としか捉えられていない。実際には、全く別なものであり、今までの既存流通を使ったマーケティングとは似て非なるものなのにである。

Amazon Prime Airは、今までのお店ありきの発想でも、お客様が商品を運ぶという発想でも、配送はトラックでしょうという発想でもない。これからも、ECの領域には、新しい技術を使ったサービスが出てくるだろうし、その上で新しいマーケティング・サービスを考えないといけないのである。つまり、既存流通の拡張以上のことを考えないといけない。

来年の私のチャレンジは、このような新しいマーケティングを自分でも考え、考えるメンバーを増やすことにある。

マーケティングライブ

マーケティングライブ

一方、マーケティングという軸では、毎月マーケティングの領域で活躍している方に、お話を伺う活動をしている。マーケティングライブという、放送番組を持つことで、1時間ガチで対談できることは、本当に私にとって学びが多い。何しろありがたいことは、出ていただく方にも1時間、本当に自身の考えをお話し頂いていることである。

ところで最近、自分のバックグランドである、科学の領域にも、もう一度自分の論理構成能力の整理のために、戻っている。東京大学大学院数理科学研究科に、客員教授として授業にも伺い、また研究集会にも多く参加している。科学、特に数学は、自由な議論をする部屋である。上下関係などない。あるのは、論理構成力、過去の証明などである。ここでの、議論はマーケティングの中での議論と大きく異なる。マーケティングでは経験則が、いまだ重要視されるが、数学の議論では、確からしさが重要視される。

今年経験した、数学でのエピソードを少し披露したい。議論に参加していた数学者から、「他の事例も紹介してほしい」と、他のデータの要求がとある研究でだされた。すると企業の研究者から「他のデータを見せると、そのデータにモデルを無理にフィッティングするので、見せたくない」と答えがあった。

これは、科学として成り立っていない。科学というのは、「真実」を見つける学問であり、その場で一番近い「答え」を探す学問ではないのである。しかし、企業の研究家は「答え」を、研究者が見つけるのではないかと思ってしまったのである。

科学は、「真実」を探求する学問である。「答え」がないこと場合もありえます。小学校、中学校の算数・数学の授業では、計算が授業の中心で、答えを早く見つける子供が、良い成績をとります。しかし、本来の数学は、論理性を学ぶ学問で、それはすべての科学の礎となるものなのです。

さて、今後マーケティングも科学になるでしょう。その時に、「答え」いや、「最善の方法」を探すのではなく、「背景」「真実」を探求でできる、マーケティングの研究者を作れるか。これが、ひょっとしたら私のライフ・ワークになるのかもしれません。

そして、来年こそは、私自身の「充実」を測定できる指標を、KPIとして、来年こそは、客観的にも振り返られる1年にできたらと考えています。

数学は、数の計算ではなく「正確な論理的な思考の創造の場」

標準

私は、今をさかのぼること20年以上前に、大学院で数学を専攻していた。そのおかげで、現在の業務においても数学的な思考を活用する。

一般に、数学というと、小学校、中学校で習った、計算を思い出す人が多いだろう。2×2=4とか、9 (1/2) = 3とか。では、数学の中の分類はどのようになっているかという参照のリストを見ていただきた。アメリカ数学会発行のMathematical Reviews (数学評論) による数学分野の分類 である。一般的な「計算」といった分野はなく、その計算も、数論のような論理から、地球物理学といった現象に近いものもある。

数学は、このよう計算といった、算術だけの学問ではなく、数しいを活用して、論理を組み立てる学問なのです。一般の事象を、数式化することにより、その問題は汎用性が生まれ、そして明確な論理で記述できます。

そして、このことにより、科学に重要な、証明の再現性があるために、先輩達が証明した定理は、時代が過ぎても、同じように証明することができ、理解することができるのです。

このように、数学は「正確な論理的な思考の想像の場」であり、単なる計算ではないのです。そして、科学や現象の理解に、大きく貢献できる学問として存在しているのです。

これからも、数学を活用して、ビジネスにも貢献してきたいと、数学会開催中に、再認識。そして、再度自分の選考をこの数学分野の分類にて確認!!

Data分析とバレーボール

標準

Big Data,Big Dataと叫ばれている昨今ですが、Data分析はさまざまな領域で、活用されていますよね。皆さんの中にも、映画マネーボールでも、弱小だったオークランド・アスレチックスを、打率ではなく、出塁率という指標で立て直していました。

そして、「Mathletics :  How Gamblers, Managers, and Sports Enthusiasts Use Mathematics in Baseball, Basketball, and Football」なる本も、発売されており、アメリカでは多くのPro Sportsにデータ分析の手法が取り込まれています。

さらに、最近の女子バレーでは、監督がiPadを持って、選手に支持を出している姿を見ませんか?そして、その分析にも、なんと世界標準のイタリア製の「DataVolley 2007」というソフトがあるそうです。驚きました。詳しくは、バレーボールと数学のサイトに、バレーボールアナリスト、渡辺啓太さんのインタビュー記事として出ています。