Brand Summit Japan 2015が始まる。

標準

Brand Summit Brand Summit

昨日、2015年6月15日から、宮崎シーガイアに来ています。私にとっては1年ぶりの宮崎。

目的は、Brand Summit 2015 Japanの参加のためです。これは、マーケティング関係者のカンファレンスで、ad tech よりも参加人数は少ない(限定される)ですが、非常に双方向性の高いカンファレンスです。

今年で5回目になるBrand Summitですが、以下の点でカンファレンスが進化していると思います。

このマーケティングのカンファレンス(Brand Summit)の参加者の入れ替わりが多く、かつ年齢が若くなってきた。つまり、業界の人材の活性化が高く感じられる点です。これは、とても良いことでしょう。なんとなく、自分の企業の中にいると、人材の硬直化を感じますが、業界全体ではかなり活力を感じます。

次に参加者も、非常に積極的です。質問、名刺交換(ネットワーキング)など、いろいろな場面で、受け身ではなく、積極的ですよね。今にして思えば、初回のBrand Summit 2011では、質問が少なく司会の方が、指名したシーンもありましたら。マーケティングのメンバーがこのような多くの人数が集まる場所でも積極的な姿勢であること、何を自分のTakeawayとしようとすることは良いですよね。

そうそう、Brand Summitでは、机が円卓です。これも、それぞれのセッションやコメントについて感想や意見をすぐに言える環境で、これは、Brand Summitの特徴ですよね。私なんか、すぐにわからないことあると、周りの人に聞けて、すごい良いです(あ、周りに座られている方、ご迷惑をおかけしています。)

ここでは、あまりコンテンツ(プレゼン、パネル)のことは、書けないのですが、もちろんそちらも良く非常に勉強になっています。残り、2日間、しっかりと情報交換、自分の考えの整理を行えたらと思っています。

さぁ、今日も勉強、勉強。こんな充電の機会はめったにないので、しっかり「リア充」になれるように、今日も頑張ります。

マーケティング領域の同名異義語

標準

私は現在Brand Summit 2014というカンファレンスに出席している。非常に気づきの多い2日間をすごし、本日が最終日である。

当然、デジタル・マーケティングについて考えて、情報交換して、議論しているのである。そして、最近私が考えている「同名異義語」、それを普通の人はルールの変更というのかもしれないが、そのことを思い出したので、少しこの考えを披露したい。

(1) 動画広告

ここでの動画広告の同名儀後は「TVコマーシャル」と「ネット動画」である。

TVコマーシャルには以下のような特徴がある。

  • 長さは、15秒か30秒
  • どの時間に流れるか視聴者は知らない
  • コマーシャル自身は、テレビ・プログラムの人気の力を借りて、見られる
  • お金のある限り、流せる

一方ネット動画には以下のような特徴がある。

  • 長さに、制限はない
  • 見たい時に、多くの場合検索することで、いつでも、どのデバイスでも見られる
  • 動画自身は、動画自身に見るべき理由や、他の人に紹介したい理由などがあれば、見られる
  • 配信自身には、あまりお金はかからない。

つまり、似て非なるものである。そして、このことを頭で理解して実際に行うのは難しいので、昨年のBrand Summitでお会いしたROBOTさんの力を借りて、花王で初めてネットだけでしか流さない動画を作ってみた。それが、「花王 サクセス 育毛トニック WEB限定ムービー」である。

しかし、このように今までに、似たことを行っていることについて、いくらルールが違うといっても、実際に行うのは大変である。

そして、私自身は、現在2つ目の同名異義語と戦っている。それが「販売」である。つまり、「店頭販売」と「On Line販売」である。

店頭販売

  • 商品の品ぞろえは、お店との相談
  • 価格設定もお店しだい
  • 売れれば売れるほど良い
  • 売れないと、店頭から消える

On Line 販売

  • 品ぞろえは、メーカーの私たちの考え方次第
  • 初期価格は自分たちで決められるが、Amazonのようなプラットフォームでは、他のお店の価格に合わせて自動的に変更される
  • つまり、人気のある商品は、メーカー直販以外の、流通さまのECとの戦いが熾烈になり、価格競争になりがち。
  • 売れなくても、品ぞろえから消えることはない
  • SKUに制限なく、品ぞろえ可能

いや、まだまだ理解していないことも多いだろう。このように、DigitalいやITを活用したマーケティング領域には、同名異義語がたくさんあって、きちんとそれぞれの定義や本質を理解しないと、失敗をするのだろう。

でも、失敗は重要だ。まずは、頭で理解したこと、実際に行ってみる。このことが、一番重要かもしれない。