UX Strategyって考えていますか?

標準

さて、みなさん9月も2週目の朝ですね。おはようございます。私は、「MIKE, J-waveに出演するってよ。」に書いたように、これからラジオの生出演なので、少々ナーバスになっております。

って言いながら、先週金曜日の9/8に、ビジネスブレークスルーCh.のマーケティングライブの収録がありました。今回は、株式会社博報堂 マーケティングシステムコンサルティング局のプロセスコンサルティング部長の荒井 友久様に出演頂き、「UX貴店のブランディング・事業成長」という内容で、お話を伺いました。

21534412_1696857863688956_179950003_o.jpg

手前(右)から、ゲストの博報堂 荒井さま、私、キャスターの田中 美穂さん

UX=User Experience という言葉が、広まってからかなりの時間が経ちました。初期は、WebのデザインとUI/UXが一緒に語られることが多かったですよね。

IA100 ユーザーエクスペリエンスデザインのための情報アーキテクチャ設計

IA100 ユーザーエクスペリエンスデザインのための情報アーキテクチャ設計

例えば、私も長谷川 敦士さんの「IA100 ユーザーエクスペリエンスデザインのための情報アーキテクチャ設計」本など読んで、Webのデザイン設計などを勉強したものです。しかし、今ではWeb以外のサービスも多くの企業が出されていますよね。モバイルのアプリなど。つまり、いま考えるべきUXは、以前より広範囲で、高度になっているのです。

さて、今回のビジネスブレークスルーCh.のマーケティングライブでは、まさにこのことについて、説明頂きました。今まで、日本企業、そして多くの場合は製造業ですが、この企業の活動は、モノを作り、広告を行い、消費を促していました。しかし、デジタルの登場により、「モノ」と一緒に「サービス」を開発するようになりました。例えば「製品」を作りその説明の「Web」を作るのもこの一例です。良くあるのは、「製品」Qualityは高いのに、「Web」のQualityは高くないために、消費者の理解はQualityの低いProductだと思われる事例です。

もっと、身近な事例は、レストランではないでしょうか。「レストラン自信のお店のサービス」は良いのですが、「レストランに予約サービス」が良くないために、レストラン自信のQualityが低く感じられることもあるのではないでしょうか?

つまり、今は「モノ」の戦略の上に、「Brand」の戦略、さらに「UX」の戦略も必要になってきたというこです。

このようなことどのように解消したら良いのか、またどのような方が対応したら良いのかなどを、株式会社博報堂 マーケティングシステムコンサルティング局のプロセスコンサルティング部長の荒井 友久様にわかり易く解説して頂きました。私も、ある意味同業者のコンサルタントですが、大変勉強になる内容になりました。放映は、10月になると思いますが、興味のある方は、有料番組ですので、「料金・お申し込み方法」のページから申し込んでご覧ください。

 

MIKE, J-waveに出演するってよ。

標準

という、報告です。まぁ、「NewsPicsのPro Pickerを、やってみます。」の関係で、J-WAVEのSTEP-ONEという朝の番組のPICK ONEというコーナーに、9月11日(月)に出演してきます。当然、ラジオなので、生放送で、何を話すかは、9月11日(月)に、私がNewsPicksで何をPickするかによって決まります。

STEP ONE

STEP ONE

この当日、内容が決まり、生放送というあたり、ラジオの良さですよね。最近、マーケティング・コミュニケーションのメディアの話をするときに、実はそれぞれのメディアがデジタル化され始めていて、ラジオや映画は復活しているメディアだと思うのです。

例えば、ラジオは、radikoというサービスにより、スマートフォンやPCからも聞くことができることになり、また、タイムフリー、エリアフリー機能で、全国の放送番組を好きな時間に聴けるようになっています。そして、ラジオの特長も以前より明確になっています。テレビでは、音楽番組が少なくなり、あまり出演されてないアーティストの方もラジオにはかなり出演しています。このことにより、若者がラジオに戻ってきています。またラジオは、圧倒的に生番組が多く、情報番組の時間も多く、ここはビジネス・マンを取り込んでいるでしょう。何しろ、皆さんのお持ちのスマートフォンと音声コンテンツの相性は良いですから、出勤途中にラジオの番組を聴いている方も多いのではないでしょうか。

また、映画も実は映画館が、もはや「映画」の「館」ではなく、「映像」の「館」になっており、ライブ・ビューイングなどの「映像」のイベントが数多く行われるようになり、新しいビジネスが作られています。

もうDigitalは、すべてのトラディショナル(だった)Mediaに染み込み、もはやこの世界には、アナログ・メディアというものはなくなっていることを理解しないといけないでしょう。そう、カメラに詳しい方は、「デジ一」と言っていますが、今の子供たちは「アナログ」カメラを知らないのです。従って今の子供たちにとって「カメラ」は「デジタル・カメラ」のことになります。そして、今の子供は、ラジオを「ラジオ受信機」ではなく、「スマートフォン」で聴いているのであり、彼ら・彼女らに取っては、「ラジオ番組」もデジタルになっているのです。

おっと、話がそれましたが、来週月曜日は、STEP-ONEのPICK ONEコーナーの出演楽しんできます。そして、できたら、月曜の朝に、私が何をNewsPicksでPickするかにも注目頂けたら、PICK ONEも楽しく聴けるのでは。私の領域が「Data×ビジネス」なので、その領域で面白いニュースが当日あれば良いのですが。ちになみ、他のPro Pickerには、ロレアルの長瀬さんや、グラフの原田さんなどがいらっしゃいます。

といいながら、今日の午後は、ビジネス・ブレーク・スルーChのマーケティングライブのテレビ収録です。こちらも、がんばります。

NewsPicsのPro Pickerを、やってみます。

標準

皆さんは、スマートフォンのアプリで、ニュース配信系、キュレーション系アプリをご利用ですか。新聞的な、SmartNews とグノシー。マガジン的な、NewsPicks と Antenna。また、プラットフォームとして、LINE NEWSなどが、有名でしょうか。

私自身は、Androidユーザーなので、Google のニュースがデフォルトではっており、SmartNewsとNewsPicks も利用しています。

実は、NewsPicksさまには、ABeamに入社した直後に、「デジタルマーケの旗手、本間充が語る マーケティングの本質」という取材記事も載せていただいており、お世話になっているのですが、今回Pro Pickerという役割も頂いたので、楽しんでやってみようと思っています。

NewsPicks

NewsPicks

平日に、毎日1つは、Data ScienceやMarketing関連、さらには最近気になっている「キャリア形成」や「教育」に関するニュースから選んで、コメントをつけて紹介しますので、ぜひ、フォローしていただけると幸いです。

毎日、朝一本、NewsPicks の記事から、厳選した記事を選ぶのは、新たなTaskになりますが、楽しんでPro Pickerをやってみます。

ぜひ、応援頂ければ幸いです。皆さんの反応が良ければ、継続するかもです。

では、これから1ヶ月、よろしくお願いします。

今年、審査員をさせいただいたCODE AWARD。授賞式の様子が公開されました。来年は、ぜひ参加してください。

標準

 

本日は、久しぶりに吸収のために、#Backstage17 に、参加しています。一日、いろいろな方の、イベント、コミュニティー、マーケティングの話を聞くのは、自分の視点が広がり良いですね。

さて、視点を広げるという意味では、今年、D2CさまのCODE AWARDの審査員をさせて頂いたのも、非常に良い経験でした。一般の広告の審査や、代理店の審査は多くさせていただいているのですが、携帯のアプリや携帯のコンテンツという、極めて「広告~社会サービス」まで広範囲の審査をするのは、とても刺激でした。なので、本当に審査会での他の審査員の方たちとの会話は非常に学びが多かったです。

さて、マーケッターの方は、このような授賞式に無縁かもしれませんが、CODE AWARDの授賞式の様子をVideoにまとめて公開されたので、紹介しますね。

さて、このような授賞式は、私も企画をお手伝いした、Webグランプリでも、お伝えしているのですが、すべての関係者で授賞式で参加して、受賞の喜びを共有して欲しいなと思います。なぜなら、そこで喜びを共有できることと、授賞式に多くの優秀なマーケッターに会えたり、授賞式以外の価値も多いのです。

ところが、日本の多くの企業では、授賞式誰が出る?みたいな話になります。それは、授賞式を儀式と思っているからではないでしょうか?いや、授賞式は学びの場です。スピーチには、短い文章で、広告・PR・キャンペーンの設計背景など聞くことが出来ます。また、授賞式で会えるメンバーとの会話にも多くの学びになるのです。しかも、賞を取った優秀な方たちと会話ができるのです。

ぜひ、来年はマーケッターの方も含め、ぜひ関係者全員で集まってくださいね。(他の広告省の授賞式も含めて)

 

久しぶりに、Web担当者Forumのイベントに参加します。

標準

昨日まで、取っていた夏休みを終えて、今日から仕事です。いつものように、札幌に帰省していたのですが、何か東京も涼しかったとか。そして、札幌に帰ると最近は、「全国タクシー」に、本当にお世話になります。このアプリがないと、いくら札幌という大都市でも移動できないですね。

今日はイベント登壇の報告です。久しぶりにWeb担当者Forumのイベント「Digital Marketers’ Summit 2017 Summer」に、登壇させていただくことになりました。特別講演 (パネルディスカッション)「いま考えるべきネット広告取引の透明性と広告主の倫理」というセッションです。

Web担当者Forum

Web担当者Forum

これは、このBlogでも何度か書いていますが、ネット広告の取り引きの問題点をわかり易くお話をして、広告主が行うべき対策について、お話をします。今回は、この問題にグローバル企業はどのように考えているのかを、ユニリーバジャパン・カスタマーマーケティング株式会社
マーケティング メディアダイレクター 山縣 亜己さんにお話を伺います。

アドテクノロジーに関する書籍は、Amazonで多数あるのですが、その取り引きに関する本はほとんどありません。しかし、実際に、日本の広告費2016年のDataをDown Load可能な形式にしました。が、インターネット広告費の20%が、もし詐欺にあっていたら…にも書きましたが、企業の広告費が、反社会的な組織に支払われていたら、どうなのかなどの本はありません。

この「いま考えるべきネット広告取引の透明性と広告主の倫理」では、わかり易く解説・議論します。ぜひ、企業の宣伝責任の役員を同伴して、会場にお越しください。このセミナーは無料です。

 

次回のマーケティングLiveは、グリコのおまけではなく、グリコのプログラム教育アプリについてです!

標準

しかし、昨日は暑かったですね。東京は、37.1度だったとか。誰かが、気温が平熱なみとつぶやいていましたが、ちょっとした微熱でしたね。

さて、そんな昨日の夕方、2017念9月19日 20:00初回On Airのビジネス・ブレークスルー「マーケティング LIVE」を収録しました。今回は、Code Award 2017贈賞式に参加してきました。この広告賞は、最先端!で紹介した、Code Award 2017のグランプリに輝いた江崎グリコ株式会社の玉井 博久さんに出演頂きました。番組では、GLICODEを考えた背景や、このようなアプリケーションを社内で承認してもらうときの方法(苦労話)などについて、お話を伺いました。

右から江崎グリコ・玉井さん、私、キャスターの田中さん

右から江崎グリコ・玉井さん、私、キャスターの田中さん

玉井さんは、現在広告部に所属していますが、その広告部が、マーケティング部門よりも少し先のコミュニケーション、広告について考える必要があり、その方法について、熱く語られていたのには、非常に感心しました。ぜひ皆さんにも、番組を見て頂きたいです。

実は、このGLICODE、そして玉井さん最初にお会いしたのは、今年のSXSW 2017のオースティンでした。SxSW 2017に来ています。今年も面白い。というBlogを書いた夜に、オースティンのダウンタウンのレストランで、SXSW Eduに参加していたGLICODEチームにお会いしたのでした。チームは、非常にバラエティーに富んだメンバーで、またチームの関係性も非常に良い印象を受けました。少し、嫉妬したのを覚えています。自分が広告主だったときここまでのBest Teamを作ることが出来ただろうかと。

ビジネス・ブレークスルー マーケティングLIVE #232

ビジネス・ブレークスルー マーケティングLIVE #232

そして、その後さまざまな賞を受賞することになった、 GLICODE。今回の番組を通して、再度、玉井さんの考える、「広告」についてお話を伺えたのは有意義でした。

玉井さんは、「宣伝担当者バイブル」という本も、今年の4月に出されいます。そちらも併せて読んでいただけると、この番組の内容ももよりわかりやすくなるでしょう。

今回のビジネス・ブレークスルー「マーケティング LIVE」も、私にとっても学びの多い番組になりました。これからも、さまざまなマーケッターの方に、ビジネス・ブレークスルー「マーケティング LIVE」を通じてお話を伺っていきます。

(この番組は、有料の番組です。詳しくは、ビジネスブレークスルーchのページを確認ください。)

マーケティング部門のData分析強化は、Data Scientistの採用?いや、Dataです。

標準

IT Pro Marketingの私の連載記事である日本を復活させるB2Bマーケティングの最新記事は、「分析に必要なDataが不足している場合に何をすべきなのか」という記事で、本日8/9に公開されました。

今さまざまな企業で、マーケティングをDataに基づいて行うことが求められており、Data Scientistの育成が盛んです。私自身も、宣伝会議の教育講座で、データマーケター育成講座を担当させていただいています。その講座も年に3,4回ほど、開講される人気講座で、かつ受講者数も、回を重ねるたびに増えてきています。

棟梁レベルが必要

Data Scientistにおいては、棟梁レベルが必要

もちろん、Data Scientistの育成、採用はData分析強化に必要です。その一方、分析するDataがなかったらなんて、考えたことはあるでしょうか。実に、多くの場合で、マーケティング部門に必要なDataがありません。

そのことを、「分析に必要なDataが不足している場合に何をすべきなのか」で、書かせていただきました。

そんなことあるのかと思っている皆さんに質問です。皆さんの企業では、以下のDataはあるでしょうか?

  • 今月の売り上げに貢献したお客様の実数
  • 1年間のお客様のユニークな数

実は、B2C企業の多くは、上記の数字がないにも関わらす、これからのマーケティングは、セグメンテーション、ターゲティングと話しています。なにか、矛盾がありますよね。B2C企業で集められているのは、総売り上げ金額、チャネル別売り上げ金額などあるのですが。

一方、B2B企業では、

  • 会社別の営業先リスト
  • 取引先の決裁者、承認者のリスト

のようなDataは、どこかにあるのですが、1箇所に整理されていない企業が多いのではないでしょうか。Account Based Marketingが流行っているのにです。B2B企業では、Dataは営業部門別にあるのですが、まとめて集めていることがまだ少ないようです。そして、実はその営業先が現在も有効なのかも、確認されていないことも多いようです。

このように、企業の中のDataの整備は重要です。このような、Dataの整備、整理については、日経バリューサーチの7/7のセミナーでも少しお話させて頂きました。 「マーケティング・オートメーション時代のデータの有効活用」という記事にこちらもまとめていただいているので、参考にしてください。

日経デジタルソリューションセミナーでの著者

日経デジタルソリューションセミナーでの著者

これからの、マーケティングをDataを活用して勝ち続けたいのであれば、ぜひDataの整理・整備も併せて進めましょう。(って、少し自分の仕事の宣伝も入りましたが)