数学検定ファンサイトに出てみた

標準

数学検定なる、検定をご存じだろうか?公益財団法人 日本数学検定協会が行っている検定試験であり、算数・数学の実用への活用度を確認する検定試験であり、一般的な数学の試験とはことなります。

数学検定

数学検定

一般的な、数学の試験とはという質問もあると思うので、大学の数学の試験はどのようなものか示すと、以下のような問題があります。「0以上1以下の空間に、数字が無限個あることを証明しないさい。」のような問題が、大学では良く問われます。このような論理性は非常に重要な一方、実際の実業では、説明しないことがらでしょう。

一方、数学検定は、実用性を確認する検定です。とはいえ、私は検定を受けたことがないのですが。

そして、この検定に興味のある方向けに、数学検定ファンサイトがあり、その37号で私と会社の先輩で取材していただき、記事になったのです。本当に嬉しい!このファンサイト自信も、非常に取材内容が良く、バレーボールと数学の関係などの記事もあります。

私が、数学出身というのも、驚きかもしれないですし、今も数学を活用しています。その内容は、今回の記事に書かれています。

一方、そのきっかけになることとして、自分の指導教官に会うということについて、今回書いてみたいと思います。

東大

東大

実は、私と数学(つまり自分の専攻領域)と、別れなかったことは指導教官との関係があります。最初の5年間は、会社の研究所に所属していたため、実は多くの学会、研究集会で、指導教官と会えていました。しかし、この時は、どちらかといえば、会社が行けと言っていたので、学会などに出かけていた気がします。

そして、またこの10年間は、自分で積極的に学会や、指導教官の属している大学を訪問するようになりました。このことは、大きなヒントを私に与え続けています。

一般に、日本人は大学を出て、就職すると、大学との縁が薄くなりました。同窓会とは濃くなっても、自分の専攻分野との関係が薄くなります。実は、このことは就職した社会人にとっても大学に取っても、大きな機会損出です。

専攻してた学問を、就職したら捨てるのではなく、社会人になっても活用する。このことは非常に重要だと思います。自分が慣れ親しんだロジックを活用できる。そして、大学のような研究機関にとっても、企業で問題になっているテーマを理解する。この2つのことは、大きな価値なのです。

恥ずかしからず、指導教官や大学の門をたたく。これは、勇気がいりますが、価値の高いことです。大学はOpenな研究機関です。まずは、久しぶりに大学に行ってみませんか?人間、一生勉強できる生き物なのですから。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中