大学の数学研究者に会いたい方は、ぜひ公開シンポジウムにいらしてください。私もいますので。

標準

さて、先週1月14日の、NHKスペシャル「シリーズ MEGA CRISIS 巨大危機 ~脅威と闘う者たち~
第3集 ウイルス“大感染時代”  ~忍び寄るパンデミック~」を、ご覧になりましたか。未知のウィルスの存在や、その伝播というか、感染拡大について取り上げた番組でした。この番組の中で、ウィルスの感染のシミュレーションや予測に、北海道大学の西浦 博 教授の、研究が取り上げられていました。ここで使われていたのが、「感染症数理モデル」という、数学です。いまや、医療の現場でも、多くの領域で数学が積極的に使われるようになりました。

もちろん、企業でもData Scienceの強化は待ったなしの状況で、私のところに多くの相談を頂きます。そして、よく分析・モデル作りの能力不足を、伺います。そこで、以前からお話しているように、アカデミアとの協働取り組みをお勧めすることがあります。とはいえ、多くの方が大学をきちんと卒業しているのにも関わらず、かなり大学から疎遠になっており、大学の門を再度通ることに不安感を覚えている方が多いのではないでしょうか?

そこで、今回は以下の公開シンポジウムをご紹介します。ただし、締め切りが1/27と迫っていますので、ぜひ興味のある方は、忘れずにお申し込みください。

CREST・さきがけ・数学協働プログラムの合同シンポジウム 数学パワーが世界を変える

CREST・さきがけ・数学協働プログラムの合同シンポジウム 数学パワーが世界を変える

セミナー「CREST・さきがけ・数学協働プログラムの合同シンポジウム 数学パワーが世界を変える」というものです。これは、数学と諸科学との連携、さらに数学と産業界との連携について、報告、議論されます。どのように、大学の数学研究者と一緒に取り組めば良いかのヒントが得られると思います。

最後の産業界との協働では、実際に企業の方で、大学と共同研究を行われている方が登壇します。企業としては、

  • アビームコンサルティング株式会社(私)
  • アリッツ株式会社
  • 株式会社デンソー

の方が、登壇されます。そして、このシンポジウム北海道大学の西浦 博 教授もご講演されます。なお、私は、2/11の午後から、2/12の最後まで出席します。もし、参加される方で、知り合いがいないと心細くなる方は、ぜひ私を探してください。適宜、アカデミアの方を東大の客員教授としての役割でご紹介いたします。

なお、数学が産業界で活用されている事例については、以下の本にまとめられていますので、興味のある方はごくごく一部の例ですが、参考にしてみては如何でしょうか?

41qyjsgcbhl-_sx331_bo1204203200_

数学は役に立っているか?

企業の中は、どこも人材不足です。ぜひ、このように大学という研究機関とのコネクションから、新しいData Science、数理モデルへのアプローチを行ってみることを考えてみては如何でしょうか?このシンポジウムの申し込みはこちらから出来ます。

 

数学好きな企業人、東大に集まりましょう!!

標準

いや、本当はもっと、まじめな内容である。数学が、他の科学領域と連携がどの程度行われているのか、調査が行われました。そして、調査がまとまり、その報告も兼ねたシンポジウムが、東京大学駒場キャンパス 大学院数理科学研究科で、2016年2月20日(土)9:30~18:00で開催される。

WEB_TOP

このシンポジウム、日本の数学者で産業界・企業と共同研究を行う方々が、一堂に集まる。そして、数学が諸科学とどのように融合しているのかを報告する。つまり、企業で研究を行っている方、企業でイノベーションを起こそうとしている方、企業でアカデミアを共同研究したい方には、とても良い内容である。

海外では、数学は企業の活動に必要なことが認識されており、「数学が経済を動かす-ドイツ企業篇」という本まで出ている。

41af5pb7izl-_sx326_bo1204203200_

数学が経済を動かす-ドイツ企業篇

さて、日本の状況はどうなのか、それがこのシンポジウムの主題である。そして、このシンポジウムの中では、数学と諸科学の融合以外にも、産業界との融合も大きなテーマになっており、それも議論される。そして、ここに登壇される先生の多くは、産業界との共同研究も行っている方たちである。つまり、このシンポジウムに参加すると、他の企業がどのようにアカデミアの数学の組織と活動しているのか。また、どのような先生が、活動されているのか、知ることができる。

プログラムも、

第1部:なぜ数学の底力が必要か?
司会:時弘 哲治(東京大学大学院数理科学研究科教授)

  • 9:30-9:40 開会挨拶・来賓挨拶
    • 開会挨拶 坪井 俊(東京大学大学院数理科学研究科科長)
    • 来賓挨拶 文部科学省来賓 小谷 元子(日本数学会理事長)、大石 進一(日本応用数理学会会長)
  • 9:45-10:45 報告(I)
    • 背景と趣旨:文部科学省の数学イノベーションに向けた取組について
      粟辻 康博(文部科学省研究振興局基礎研究振興課/数学イノベーションユニット)
    • 委託調査報告: 数学・数理科学を活用した異分野融合研究に関する国内外の現状について
      前田 吉昭(東北大学知の創出センター副センター長)
      尾畑 伸明(東北大学大学院情報科学研究科教授)
      小松崎民樹(北海道大学電子科学研究所附属社会創造数学研究センター長)
      宮岡 礼子(東北大学大学院理学研究科教授)
  • 11:00-12:30 基調講演:数学へのニーズ
    山田 武士(NTTコミュニケーション科学基礎研究所企画担当主席研究員)
    巌佐 庸 (九州大学大学院理学研究院教授)

第2部:どのような取組が必要か?
司会:山本 昌宏(東京大学大学院数理科学研究科教授)

  • 14:00-14:50 招待講演
    韓国における数学融合研究の現状とアジアの連携(仮題)
    Hyungju Park(韓国国立数理科学研究所所長、IMU理事)
  • 15:00-15:30 報告(II)
    委託調査結果を踏まえた政策提言
    数学イノベーション委員会における検討状況について
  • 15:40-17:40(途中10分休憩あり)パネルディスカッション
    「これからの10年 どうすれば数学の底力を生かすことができるか?」
    モデレーター: 岡本 久(京都大学数理解析研究所副所長)
    パネリスト:

    • 合原 一幸(東京大学生産技術研究所教授)
    • 田中 冬彦(大阪大学大学院基礎工学研究科准教授)
    • 宮岡 礼子(東北大学大学院理学研究科教授)
    • 高田  章(旭硝子㈱特任研究員、前・日本応用数理学会会長)
    • 初田 哲男(理化学研究所理論科学連携研究グループディレクター)
    • 辻村 達哉(共同通信編集委員、論説委員)
    • 池川 隆司(東京大学大学院数理科学研究科 数理キャリア支援室キャリアアドバイザー)
  • 18:00- 懇親会

と、内容も充実している。

o0480036013140189770

東京大学駒場キャンパス 大学院数理科学研究科 大講義室

ぜひ、企業の研究者、科学者の方は、シンポジウム「世界が変わる数学が変える」に、参加してみてはいかがだろうか。応募締め切りは、2016年2月18日である。忘れずに申し込もう。