Webアクセス分析のセミナーに参加します。

標準

Webのアクセス分析は、私が好きなことの一つだ。この、rupurupu.meのアクセスもwordpressのレポートを使って分析し、ここでの投稿の内容のヒントにさせてもらっている。Facebookも、通常の個人アカウントと別に、Facebookのビジネスアカウントである、RupuRupuをOpenしたのも、SNSの分析を自ら行いたいからである。

WS000006

Facebookのビジネスアカウントのアクセス・レポートの例

Webのアクセス分析は、大きな発見があり、そしてDigital Marketingの入門としては、とても良いと思っている。そして、今Marketing Automationという言葉や、Big Dataという言葉が、マーケティング領域で盛んに言われている。そんな時だからこそ、Webのアクセス分析は、再度見直されるべきことだと思う。

以前のWebのアクセス分析は、Webサイトの運営者の初心者的な業務に位置づけられ、これで得られたデータにより、Webサイトの企画者や、UI/UXの設計者に提案を行ってきた。しかし、現在MarketingのDigital化、つまりMarketingに科学とITを持ち込む必要がある今、Webのアクセス分析の価値はもっと高く評価されないといけないのではないだろうか。

そんなことを、考えている中、「Web解析Meetup #1」というイベントが、2016/2/12(金) 19:00~20:30に在るとの事で、登壇することにしました。これは、Facebookの「Web解析Meetupグループ」から派生したイベントである。

WS000005

当日は、私も含めて、以下の方が登壇する。

  • アビームコンサルティング株式会社 ディレクター 本間 充
  • 一般社団法人ウェブ解析士協会 代表理事 江尻 俊章氏
  • 日本ディクション協会 会長 中村 健太氏

とても、楽しみである。もっともっと、マーケティングはオートメーション化される部分が増えてよいし、そのための分析も自動化されるべきだろう。これらのことを、登壇者だけではなく、参加者の方と議論できれば、大変有意義だと思っている。みんなで、これからのWebアクセス解析を考えたいのである。

私が思うのは、Webのアクセス分析の結果は、もっと事業に結びついて良いはずである。そのためには何が必要か議論もして見たいと思う。少人数のセミナーだからこそ、さまざまな議論を双方向で行えればと思っている。

あー、しかし今週末からは、怒涛の登壇ラッシュである。

がんばらないと。そして、この間には、恒例のNFL ProBowl現地観戦と、NFL Super BowlのTV観戦がある。体調崩さずに頑張ります。

 

 

 

Webアクセス分析。あなたは、アクセス少なかったら、コンテンツ変更できる?

標準

ここ、数週間、驚愕の事実に驚きを隠しきれない、Web広告研究会代表幹事を行っている私です。何に驚いたかというと、まず、アクセス分析のセミナーに広告主が興味がない。そして、参加者の中で、広告主のアクセス分析ツール利用者が少ない。”Why Japanese People?” です。私は、皆さんととBig Dataを使って、メディアの垣根を越えて、新しいマーケティングの世界に行こうと思っていたのですが。

しかし、嘆いていても始まらないので、まだWebのアクセス分析を行っていない、そこのあなたにWebのアクセス分析の重要さを違った側面で説明します。ここでは、あえて組織ではなく、マーケッターのあなたという2人称でお話をします。なぜなら、Webアクセス分析が人ごとになっているうちは、マーケティングは進化しません。私なんて、ほぼ毎日なんらかのWebアクセス分析を自分で行っているんですよ。本当に。

会社にアクセス分析ツールほとんど入っていないことは理解しました。でもアクセス分析は、個人で無料でテストすることが誰でもできるのです。例えば、Googleの提供するBloggerや、WordPressの提供するWordPress。これは、一見Blogサイトですが、ここで記事を投稿すれば、自分でアクセス分析ができるのです。

Bloggerであれば、Google Analyticsと連携できますし、Wordpressは、独自の分析ツールが用意されています。

Woredpressのアクセス分析画面

Woredpressのアクセス分析画面

上記がWordpressのアクセス分析ツールです。一般的なアクセス分析ツールとほぼ同じ機能があります。さて、多くの人は、どのページにアクセスが多かったか気にするはずです。そして、その検索キーワードです。

rupurupu.meの検索ワード

rupurupu.meの検索ワード

このような検索ワードが出てきて、それが計画通りだった時に、みなさんはその原稿を書いたwriterに、文章の変更をお願いできるでしょうか?文章の中の単語選択は、そのwriterのクリエーションの一部であり、単語選びも含めて、お願いしたはずです。

一方、そのページのアクセスが少ない場合は、そのアクセス強化のために、ページを修正することは、重要な改善のプロセスです。

さぁ、クリエーション、成果。この間で、相手に上手く説明し、こちらの意図を理解してもらうのは、とても重要なことです。実は、SEOの多くの解説本には、改善点を見つけてから、writerの人への説明の方法などは、ほとんど触れられていません。でも、ここはその後の仕事の関係なども含めて極めて重要です。

仮に、自分でBlogをOpenした時に、アクセスが少ないページの検索単語対策を自分で行えるでしょうか?少ないという事実に気がつくことと、どの単語に入れ替えるべきかという問題に大きなGAPがあることにすぐに気がつくでしょう。

このように、実はWebのアクセス分析を行うことと、アクセス分析の結果を活用し、ページを改善することには、大きな差があるのです。その意味でも、広告主はまずWebのアクセス分析を自分ごととして行い、さらにきちんとしたコミュニケーションで、アクセス分析のデータを活用して、ページを改善しないといけないのです。

さぁ、自分のレベルで、Blogやwordpressを使って、アクセス分析の練習をすることから、始めてみましょう。

Webのアクセス分析セミナーを行うのに、広告主の参加が少ないのは?

標準

Web広告研究会の代表幹事をさせて頂き、参加している皆さんの積極的なサポートのおかげで、月例セミナーや委員会活動は、非常に充実してきたと、自己満足しています。

Web広告研究会 Web広告研究会

ところが最近問題になっているのは、参加者の多様化である。つまり、Internetに関する取り組みが、10年を超える人もいれば、毎年この業界に新人も入ってくる。

そこで、今回久しぶりにWeb担当者・関係者だったら、ほぼ全ての人が知らないといけない、「アクセス分析」の内容を、2015年6月22日に行うことにした。ずはり、セミナー・タイトルは「Web解析ツールの最新状況 ~進化した解析ツールでできること~」である。

Google Analyticsや、Adobe Marketing Cloudの説明である。幸いにも多くの申し込みがある。しかし、問題は参加者の比率である。厳密に計算したわけではないが、純粋な広告主の申し込みは、40%以下だと思う。

多くが、広告代理店、制作パートナーからである。

そこで出てくる疑問は、

  • 広告主は、Webのアクセス分析も外部委託しているのか
  • 広告主は、Webのアクセス分析をやめてしまったのか
    である。最近思うことであるが、多くの広告主こそが、コンテンツの編集能力や、クリエィティブ能力が不足しているはずだ。制作パートナーや、コンテンツ・プロバイダーは、コンテンツの制作のプロである。従って、アクセス分析が一番必要なのは広告主なのではないだろうか。

最近出版された本、「新しいアナリティクスの教科書 データと経営を結び付けるWeb解析の進化したステージ[アナリティクス アソシエーション公式テキスト]」でも、分析そしてその後の実行・改善が重要だと説明されているし、アクセス分析のチーム作りについて提案されている。

ますます、重要になるアクセス分析なのに、こんなに広告主が興味がないことには、一抹の不安を感じる。もっと、Data Driven Marketingを行いたかったのではないのだろうか。それとも、発言だけなのか?