本のマーケティングは、非常に面白い。文藝春秋の田中さんに、Web人賞受賞のお話を伺いました。

標準

本日、2017年2月のBBT マーケティングライブの放送の収録を、行いました。今回の放送は、2016年のWeb広告研究会WebグランプリのWeb人賞を受賞した、文藝春秋の田中さんが、ゲストでした。

左から、キャスターの田中さん、私(本間)、文藝春秋の田中さん

左から、キャスターの田中さん、私(本間)、文藝春秋の田中さん

今回の番組では、文藝春秋の本に関するマーケティングを、「火花」「コンビニ人間」という芥川賞受賞の本を題材に行っていただきました。

本のマーケティングは、他のマーケティングと異なり、参考にならないのではないかと思う人も多いかもしれないですね。しかし、私からすると、本の売れ行きや、社会的な反応を見ながらマーケティングするという意味では、real time marketingや、Data活用マーケティングのヒントがあります。また、読者のことを観察しながらマーケティングをしており、カスタマー・インサイトを活用したマーケティングを行っています。

田中さんは、文藝春秋でWebを活用したマーケティングを行っていましたが、現在ではプロモーション部で、これら最近話題の小説のマーケティングに関わられてきました。今回の番組では、その内容が沢山お伺いしました。田中さん、本当にありがとうございました。

スタジオでの一こま

スタジオでの一コマ

さて、このBBT マーケティングライブは、有料番組なので興味のある方は、こちらのアドレスから申し込みください。

http://bb.bbt757.com/price/

BBT大学 マーケテイング・ライブ、次回のゲストはカンロの内山さんです。そう、キャンディー・マーケティング!

標準

いやー、気がつくと11月なんですね。っていう感じで、ほぼ月に1度の番組収録終わってきました。そうです、ビジネスブレークスルーチャネル マーケティングライブ 226回の収録です。今回のゲストは、下記にあるように、カンロの開発本部マーケティング部の内山 妙子 部長です。

左からキャスターの田中さん、本間、カンロ 内山さん

左からキャスターの田中さん、本間、カンロ 内山さん

カンロと聞いて、ピント来ない方もいるかもしれませんが、大人向けグミの「ピュレグミ」、音大と一緒に開発した「ボイスケアのど飴」や、東京駅にお店のある「ヒトツブカンロ」など、多岐に渡る商品群をお持ちのキャンディーの老舗メーカーです。そして、今回のテーマは、ずばりキャンディークラッシュではなく、キャンディー・マーケティングです。そして、カンロのマーケティングは、商品企画から、コミュニケーション企画までを同じ部署で行なっていることが特徴で、内山さんはそのリーダーです。

番組では、いろいろなことを伺いましたが、主に「ピュレグミ ハワイキャンペーン」のお話や、今後のキャンペーン。そして、「ボイスケアのど飴」の開発話などを伺いました。そうそう、このピュレグミ の「瞬間ハワイキャンペーン 週末ハワイ旅行プレゼント」は、毎週ハワイ旅行が5名にあたるキャンペーンなんですよ。しかもOPEN懸賞なので、商品を買わなくてもいけます。というか、あたったらその週の週末はハワイに行くことになります。すごい。本当に「瞬間リフレッシュ」です。皆さんも、応募してみては如何でしょうか?

カンロ 内山さん

カンロ 内山さん

それ以外にも、食品/キャンディーのマーケティングを内山さんにたっぷり伺うことが出来ました。本当に、キャンディー・マーケティングは奥深いです。私自身、まだまだ知らないマーケティングがあることを知りました。今回の番組はFMCG(fast moving consumer goods)のマーケティングを、行なっている、勉強している人には、ヒントが多いと思います。

そうそう、今日はこの番組ってどうやって収録しているのという質問もあるので、それについても少しお答えします。答えは、60分無編集収録です。つまり、ほぼ生放送と同じ状況での収録です。この、ビジネスブレークスルーチャネル マーケティングライブは、広告もないので、休憩時間もありません。冒頭で、番組開始の音楽が始まったら、最後まで話し続けるしかありません。それも、60分00秒で終了しないといけません。この番組を担当させて頂くようになってから、私の時間感覚も成長し、他の講演などでも、時間通りに終わることが以前よりスムーズに行なえるようになりました。このあたりも、この番組の見所だったりもします。

最後に、いつもの告知ですが、この番組、有料番組なので、お申し込みのページから、申し込めば、ネットでも、スカパーでもご覧になれますよ。

 

次回のBBT マーケティング・ライブは、App Annieの向井さんが登場されます。

標準

報告が遅れましたが、先週の金曜日(2016年9月9日)に次回のBBT マーケティングライブ(2016年10月11日21:00初回On Air)の収録を行ないました。今回は、App Annieの向井さんにお越し頂き、携帯アプリの利用などについて、App Annieの提供するデータ・サービスを中心にお話を伺いました。

右からキャスターの田中美穂さん、私、そしてApp Annieの向井さん

右からキャスターの田中美穂さん、私、そしてApp Annieの向井さん

App Annieはご存知スマートフォン・アプリの利用データを提供する会社で、すでに多くの会社に導入されているサービスです。

今回の放映では、スマートフォンでは、ブラウザー、ネィティブなメールサービスなどよりも、アプリケーションの利用時間が長く、90%以上もあることを始めて知りました。もう、スマートフォンは、スマート・アプリ機なのですね。番組の中では、最新のPokémon GOの話なども伺えて大変面白いお話を聞きました。(Pokémon GOとマクドナルドのアプリは相性が良かったのか)

また、App Annieでは、自分が提供しているアプリ以外にも、他社のアプリの利用や、自社のアプリと一緒に使われているアプリなどがわかります。これらのデータは、アプリ開発者にとって、どのようなアプリがどのようなシーンで良く使われるかなどが、理解出来ると思います。

携帯のアプリも、開発したら使われる時代から、アプリ市場でのプレゼンスがないと全くインストールも使用もされない時代になりました。今まで、広告主の多くは、スマートフォンの利用時間を取りたいために、安易にアプリを開発し、公開してきました。しかし、今はアプリに関して、きちんと調査を行い、アプリ自身もマーケティングしないといけない時代になったのです。

App Annieでは、このようなアプリのマーケティングを支援するデータであり、多くの広告主のスマフォ・アプリ担当者のサポートをしてくれるデータでしょう。そして、そこには多くのヒントや研究の場所があることが、今回のBBT マーケティングライブの収録で理解できました。本当に、向井さんわかりやすくお話頂き、ありがとうございました。On Airも楽しみです。

今回のキャスター田中美穂さんとも、テンポ良く会話が出来て楽しかったです。ありがとうございます。

さぁ、次回のBBT マーケティングライブは、「飴」のマーケティングです。乞うご期待!!

PARCOの林さんに、ICTを活用したマーケティングを伺いました。

標準

昨日は、ビジネス・ブレークスルー・チャネルの「マーケティングライブ」の収録でした。今回は、PARCOの執行役の林 直孝さんに、ご出演頂き、「PARCOのICT, digitalの活用」と題して、たっぷりと1時間お話を伺いました。

右から、PARCO 林さん、私、キャスターの徳住さん

右から、PARCO 林さん、私、キャスターの徳住さん

PARCOの林さんと、このように対談させていただいたのは、PARCOが、2013年イP-WALLというデジタルサイネージの活用を起こった後の、JAGAT(公益社団法人日本印刷技術協会)のpage 2014のイベントでのパネルディスカッション依頼です。その時は、「デジタルマーケティング・コミュニケーション~オムニチャネル、O2O、ビッグデータの活用などから読み解く~」というタイトルで、さまざまなPARCOの取り組みをお話いただきました。その時も、PARCOの新しい事への取り組みは凄いと思っていました。

今回は、Webと店頭を連携した、24時間接客のお話や、「POCKET PARCO」というアプリのお話。さらには、A.I, IoT, VR, ROBOTの活用の予定などもお聞きしました。

仙台パルコ2のNAViiを使ってのお店のご案内などは、実際のVideoなども見せていただき(上記と異なります。)、非常に面白い1時間でした。

本当に、このマーケティングライブは、私の対談したい人をお呼びしている番組なのですが、私が一番勉強になっています。次回も楽しみです。

そして、キャスターの徳住さん、短い間でしたが、本当にお世話になりました。

そうそう、渋谷パルコは、8/7で、一時休業ですよ。今は、渋谷パルコの外壁が大変なことになっていますよ!!

 

 

三太郎コマーシャルで、ブランド・コミュニケーションを教わる

標準

昨日は、月に1度の楽しみである、ビジネス・ブレークスルー「マーケティング Live」の収録でした。今回の、講座の講師は、KDDI株式会社 コミュニケーション本部 宣伝部長の 矢野さんでした。

マーケティングライブの収録シーン 左から徳住キャスター、私、KDDI 矢野さん

マーケティングライブの収録シーン 左から徳住キャスター、私、KDDI 矢野さん

今回は、「auのコミュニケーション戦略について」という内容で、お話いただきました。「au」、されど「au」なんです。企業でも、製品名でもない、概念ブランドのコミュニケーションは、非常に難しいことです。

企業ブランドであれば、企業状況や、企業として一貫していることをブランディングすれば良いでしょう。製品ブランドであれば、製品の特徴やお客様への約束を伝えれば良いのでしょう。しかし、今回の「au」は、携帯電話の回線のようで、じつは保険や銀行など、さまざまなサービスを包括した「グループ」「概念」です。よって、明確に「au」ブランドの定義を行い、それを伝えないといけません。そして、それをシンプルにして。しかし、興味のある内容に。それが、auのTV CM 俗に言う「三太郎」シリーズだったのです。

このコマーシャルで守っているテンプレートや、SNSを意識した仕掛けなど、さまざまなヒントを、この1時間の番組でお伺いできました。私も、つい最近club DAMのサイトで、驚くべき順位を見ました。

WS000001

clubDAM.com(2016/5/18)

カラオケの週間ランキングで、「 海の声【本人映像】 浦島太郎(桐谷健太)」が1位ではありませんか。これは、ご存知この三太郎シリーズで流された楽曲ですね。なんと、YouTubeのau公式チャネルには、以下のフル・バージョンもあり、なんとこのBlogを書いている2016/5/18には3800万回を超える再生回数になっているのです。この3800万回は、2015年8月23日公開にしては、とても多いのです。参考に、AKB48のフライングゲット (ダンシングバージョン) は、2011年10月26日公開で、4600万回なのです。かなり、早いペースで、再生回数を伸ばしている楽曲が、CMから生まれ、結果三太郎のCMはauと強く結びつき、そして「au」への好感度を高めていることは非常に勉強になり、マーケテイング担当者として学ぶことが非常に多いのです。

その他にも、この番組では、CM以外の取り組みなどについてもお話頂き、本当に気づき、学びの多い番組となりました。ぜひ、契約されている方は、2016年5月24日 20:00~21:00に初回on airになりますので、ご覧ください。あ、契約されていない方も、1ヶ月単位での契約も可能ですの、契約の上、ご覧ください。

そうそう、今回の番組キャスターは、徳住有香さんとの最初の番組なりました。鹿児島讀賣テレビで、見られていた方にはおなじみかも知れませんね。徳住さんとの番組進行も楽しく行なわせていただきました。

さぁ、次回の番組はどのような内容になりますか?次回も楽しみです。

BBQ GO!というサイトをご存知ですか?これから、使えるサイトです。そして、作っている企業は…

標準

おとといの2016年4月12日は、BBTチャネル マーケティング・ライブの収録でした。今回は、第3回Webグランプリの企業グランプリの優秀賞を受賞した、BBQGO!のお話でした。

WS000000

BBQ GO!

このBBQ GO!のサイトは、ご覧のように、バーベキュースポットや、バーベキューのレシピを紹介するサイトです。このサイトによると、新宿にも「新宿FLAGS BBQ&ビアガーデン byデジキュー」なんというBBQスポットも見つけられ、本当に多くのバーベキュー可能な場所があることがわかりますね。

され、このサイト運営しているのが、日本ハムなんですね。そして、今回のBBTチャネル マーケティング・ライブでは、このBBQGO!のサイトの責任者である、日本ハムの藤本さんに出演いただきました。

received_1109117199129695

マーケティングライブ 221回 植村キャスター、日本ハム 藤本さんと私

藤本さんのお話もテンポ良く、非常にわかりやすく、なぜこのサイトを開設することになったかは、番組を見ていただけると良くわかると思います。(ごめんなさい、この番組有料チャンネルなので、興味のある方は、ビジネスブレークスルーの申し込みサイトを確認ください。)

今回の私の気づきは、コーポレート・ブランディングでも、そのサイトの対象者のインタビューや調査を行い、きちんと企画することですね。言葉では、コーポレート・ブランディングのための積極広報の話が出ていますね。しかし、積極広報なので、CSRの情報を判りやすくするとか、動画を使って説明するなどを行なっていることが多いのではないでしょうか。

問題はそこではなく、ターゲットが求めているコンテンツから、ブランド理解、ブランド体験を促進させる。つまり、コンテンツそのものの検討なのでしょう。

今回の、、BBTチャネル マーケティング・ライブでは、コーポレート・サイトにおけるコンテンツ企画について、本当に考えさせられる1時間でした。ぜひ、良かったら番組もご覧ください。初回のOn Airは、2016年4月19日 20時~21時です。

BBT マーケティングライブ、次回は第3回Webグランプリ特集

標準

12376193_1035770593153229_2142271805004550706_n

マーケティングライブの収録

私が、Web広告研究会の代表幹事を辞任して、早くも2ヶ月が経ちました。そして、後任にNECの田中滋子さんになって頂き、とても安心しております。

そして、私が講師を務めるビジネス・ブレーク・スルーCh.マーケティングライブでは、毎年Web広告研究会のWebグランプリの受賞サイト・受章者の特集番組を放映しており、本日は第6代代表幹事の田中さんとの共演を無事にさせていただきました。そして、実はアナウンサーの植村さんには、授賞式の当日も司会をして頂いていました。

本日、第3回のWebグランプリの企業サイトを見ながら、田中さん、植村さんとお話したのですが、企業のサイトは本当に、この数年で大きく変わったと思います。

例えば、B2B部門の岩崎電気株式会社の「簡単に選べるLED工場照明」は、製品カタログではなく、製品選びのコンセルジュのようなサービスだと思います。今までのB2Bサイトでは、すべての製品の網羅性や、情報のレベルの統一という、社内の仕組みの調整がメインだったと思いますが、すでにそのフェーズは終わっていないといけないことを感じさせられます。

B2C部門のグランプリである、サントリービジネスエキスパート株式会社の「サントリー天然水の森 人類以外採用」は、通常のCSRレポートをここまで分かりやすい、そして面白いサイトに仕立てています。CSR活動の中には、CSR活動の報告も含まれると思いますが、ここまでプレゼンテーションにこだわったCSRレポートはないのではないでしょうか?

このように、Webサイトは、コンテンツ以上にサービスの領域や、プレゼンテーションの進化といった領域での発展が多くあることを、ビジネス・ブレーク・スルーCh.マーケティングライブの収録で、田中さんとの対談の中で、たくさん気づくことができました。

ここですべて書くと番組が面白くなるので、残りは番組をお楽しみにしてください。あ、契約していないと見れませんが、誰でも契約は、ビジネクブレークスルー視聴の申し込みから出来ます。この番組の初回On Airは、1月12日になりますよ。

ちなみに、企業Webサイト賞は、以前は企業Webグランプリという名前で、2007年にスタートして、初回の司会の一人は私だったんですよ。2007年12月17日、サントリーホールで司会していました。

20071217

企業Webグランプリで司会をする私

その当時と比べると、サイトの質も変わったし、私も変わりましたね。