UX Strategyって考えていますか?

標準

さて、みなさん9月も2週目の朝ですね。おはようございます。私は、「MIKE, J-waveに出演するってよ。」に書いたように、これからラジオの生出演なので、少々ナーバスになっております。

って言いながら、先週金曜日の9/8に、ビジネスブレークスルーCh.のマーケティングライブの収録がありました。今回は、株式会社博報堂 マーケティングシステムコンサルティング局のプロセスコンサルティング部長の荒井 友久様に出演頂き、「UX貴店のブランディング・事業成長」という内容で、お話を伺いました。

21534412_1696857863688956_179950003_o.jpg

手前(右)から、ゲストの博報堂 荒井さま、私、キャスターの田中 美穂さん

UX=User Experience という言葉が、広まってからかなりの時間が経ちました。初期は、WebのデザインとUI/UXが一緒に語られることが多かったですよね。

IA100 ユーザーエクスペリエンスデザインのための情報アーキテクチャ設計

IA100 ユーザーエクスペリエンスデザインのための情報アーキテクチャ設計

例えば、私も長谷川 敦士さんの「IA100 ユーザーエクスペリエンスデザインのための情報アーキテクチャ設計」本など読んで、Webのデザイン設計などを勉強したものです。しかし、今ではWeb以外のサービスも多くの企業が出されていますよね。モバイルのアプリなど。つまり、いま考えるべきUXは、以前より広範囲で、高度になっているのです。

さて、今回のビジネスブレークスルーCh.のマーケティングライブでは、まさにこのことについて、説明頂きました。今まで、日本企業、そして多くの場合は製造業ですが、この企業の活動は、モノを作り、広告を行い、消費を促していました。しかし、デジタルの登場により、「モノ」と一緒に「サービス」を開発するようになりました。例えば「製品」を作りその説明の「Web」を作るのもこの一例です。良くあるのは、「製品」Qualityは高いのに、「Web」のQualityは高くないために、消費者の理解はQualityの低いProductだと思われる事例です。

もっと、身近な事例は、レストランではないでしょうか。「レストラン自信のお店のサービス」は良いのですが、「レストランに予約サービス」が良くないために、レストラン自信のQualityが低く感じられることもあるのではないでしょうか?

つまり、今は「モノ」の戦略の上に、「Brand」の戦略、さらに「UX」の戦略も必要になってきたというこです。

このようなことどのように解消したら良いのか、またどのような方が対応したら良いのかなどを、株式会社博報堂 マーケティングシステムコンサルティング局のプロセスコンサルティング部長の荒井 友久様にわかり易く解説して頂きました。私も、ある意味同業者のコンサルタントですが、大変勉強になる内容になりました。放映は、10月になると思いますが、興味のある方は、有料番組ですので、「料金・お申し込み方法」のページから申し込んでご覧ください。

 

次回のマーケティングLiveは、グリコのおまけではなく、グリコのプログラム教育アプリについてです!

標準

しかし、昨日は暑かったですね。東京は、37.1度だったとか。誰かが、気温が平熱なみとつぶやいていましたが、ちょっとした微熱でしたね。

さて、そんな昨日の夕方、2017念9月19日 20:00初回On Airのビジネス・ブレークスルー「マーケティング LIVE」を収録しました。今回は、Code Award 2017贈賞式に参加してきました。この広告賞は、最先端!で紹介した、Code Award 2017のグランプリに輝いた江崎グリコ株式会社の玉井 博久さんに出演頂きました。番組では、GLICODEを考えた背景や、このようなアプリケーションを社内で承認してもらうときの方法(苦労話)などについて、お話を伺いました。

右から江崎グリコ・玉井さん、私、キャスターの田中さん

右から江崎グリコ・玉井さん、私、キャスターの田中さん

玉井さんは、現在広告部に所属していますが、その広告部が、マーケティング部門よりも少し先のコミュニケーション、広告について考える必要があり、その方法について、熱く語られていたのには、非常に感心しました。ぜひ皆さんにも、番組を見て頂きたいです。

実は、このGLICODE、そして玉井さん最初にお会いしたのは、今年のSXSW 2017のオースティンでした。SxSW 2017に来ています。今年も面白い。というBlogを書いた夜に、オースティンのダウンタウンのレストランで、SXSW Eduに参加していたGLICODEチームにお会いしたのでした。チームは、非常にバラエティーに富んだメンバーで、またチームの関係性も非常に良い印象を受けました。少し、嫉妬したのを覚えています。自分が広告主だったときここまでのBest Teamを作ることが出来ただろうかと。

ビジネス・ブレークスルー マーケティングLIVE #232

ビジネス・ブレークスルー マーケティングLIVE #232

そして、その後さまざまな賞を受賞することになった、 GLICODE。今回の番組を通して、再度、玉井さんの考える、「広告」についてお話を伺えたのは有意義でした。

玉井さんは、「宣伝担当者バイブル」という本も、今年の4月に出されいます。そちらも併せて読んでいただけると、この番組の内容ももよりわかりやすくなるでしょう。

今回のビジネス・ブレークスルー「マーケティング LIVE」も、私にとっても学びの多い番組になりました。これからも、さまざまなマーケッターの方に、ビジネス・ブレークスルー「マーケティング LIVE」を通じてお話を伺っていきます。

(この番組は、有料の番組です。詳しくは、ビジネスブレークスルーchのページを確認ください。)

MKライブに逸見さんに出演頂きました。

標準

ビジネス・ブレークスルーChのマーケティング・ライブの収録が昨日ありました。今回は、オムニチャネルのお話を、オムニチャネル・コンサルタントの逸見 光次郎さんに、お願いしました。

右から、逸見 光太郎さん、私、キャスターの田中さん

右から、逸見 光次郎さん、私、キャスターの田中さん

というのも、私がコンサルタントになって、早くも2年近くになるのですが、ECサイトの構築や、オムニチャネルの相談を多く受け、お手伝いもさせて頂いております。しかし、いくつかの誤解が依頼される方のほうにあります。例えば、収支構造が、既存流通の事業と、ECの事業では、大きく異なる点を理解されていない。通常のWebサイトの構築と、ECサイトの構築は、ほぼ同じ仕事であると思っている。などなどです。

これらについて、さまざまな経験をされた、逸見さんに一度落ち着いてお話を伺いたいと思い、昨日逸見さんが独立コンサルタントになられた記念日に、番組に出演頂きました。大変面白いお話を沢山伺いました。そして、大変わかり易く、オムニチャネルで検討すべきことをお話頂きました。現在、ECやオムニチャネルに関することをお仕事にされている方には、お勧めの番組になっています。ぜひ、マーケティング・ライブの逸見さん出演の回をご覧ください。(残念ながら、有料放送なので、ここから申し込んでください。)

しかし、オムニチャネルという言葉に、私自身違和感を覚えています。何か、売り手側の言葉になっている気がします。消費者は、好きな時間に、便利な場所で購入したいと思っており、シームレスな購入体験を望んでいるのではと、思います。何か、相応しい言葉はないですかね。

さて、この後もマーケティング・ライブは、面白いコンテンツが続きます。次回は、GLICODEのお話、そして、UXブランディングと続きます。この マーケティング・ライブでしか聞けない話も沢山聞いていきまうので、乞うご期待です。

 

 

カルビーのフルグラを、テレビで食レポ体験しました。

標準

といっても、マーケティングライブ | ビジネス・ブレークスルーChの話です。次回、7/11に初回On Airされるマーケティングライブに、カルビー株式会社マーケティング本部の藤原 かおりさんに出演頂き、カルビーの「フルグラ」のマーケティングについて、お話頂きました。

そして、今回はマーケティングライブとしては初めて、私の食レポを行いました。ビジネス・ブレークスルーChを有料で契約されている方は、ぜひそちらもお楽しみに。

さて、フルグラのマーケティングを藤原さんにお聞きしましたが、今回のお話では、本当にマーケティングの基本になるようなお話がいっぱい聞けました。

マーケットを創造すること。お客様の理解をすること。そして、お客様とのタッチポイントの設計をきちんと行うこと。基本といえば、基本ですが、それを実際のマーケティングで行う勇気。そして、メンバーと一緒にやり遂げる遂行力は、本当に凄いと思いました。

 

右からカルビー・藤原かおりさん、本間、キャスターの田中美穂さん

右からカルビー・藤原かおりさん、本間、キャスターの田中美穂さん

今回の収録では、カルビーのフルグラのお話だけを伺いましたが、藤原さんが行った過去のマーケティングについても、ぜひお話を聞いてみたいと思った1時間でした。

最初のOn Airは2017/7/11(火)ですが、皆さんがたくさんリクエストしてただければ、、再放送も増えますので、ぜひよろしくお願いします。

さぁ、次回の番組も楽しみです。

マルケトの福田さんに、BBT マーケティング・ライブに出演頂きました。

標準

昨日、桜が満開かなと思ったら、一転雨の4月最初の金曜日ですね。今年も、お花見に行かないまま終わるのでしょうか?

さて、今週火曜日、2017年4月4日に、BBT マーケティング・ライブの収録を行い。今回は株式会社マルケト

17797000_1489829251058486_606028663_o

左から、キャスターの田中美穂さん、私、マルケトの福田康隆さん

代表取締役社長の福田康隆さんに、出演頂きました。

今回の放送では、マーケティング・オートメーションって何という方にもわかりやすい内容になっております。もちろん、マルケトの特長もお話いただいております。

特に、マルケトの特長に関しては、「エンゲージメントエンジン」の

  • ニュースや流行の変化などにより柔軟にコンテンツを入れ替える
  • メールの開封・クリックだけでなく、Web上の行動やスコアも考慮する
  • PDCAを高速で回し続ける

 

についても解説頂きました。

かなり、内容の濃い1時間の番組になっておりますので、興味のある方は、ぜひご覧ください。

マルケトの福田康隆さん

マルケトの福田康隆さん

マルケトの話は、何度か福田康隆さんから伺っているのですが、いつ聞いても福田康隆さんのお話はわかり易く、明快ですね。本当に、お忙しい中、ご出演頂き、ありがとうございました。久しぶりにマルケトの広報の大槻祥江さまともお会いでき、こちらも嬉しかったです。

ちなみに、この番組は、スカパーか、インターネットで、会員になれないコンテンツです。もし、ご覧になりたい方は、「料金・お申し込み方法 | ビジネス・ブレークスルーCh」のページを確認して、お申し込みください。1ヶ月、17,000円となっています。

17692822_1489833407724737_300114531_o

番組収録後の様子

さて、次回も面白く、内容の濃い番組にしますので、ご期待ください。

indeedの高橋さんに、BBTマーケティング・ライブに出演頂きました。

標準

 

最近、投稿ないなと思っていた皆さん、すみません。理由は、アビームコンサルティングに転職して、2度目の3月は、ありがたいことに多くのお客様と一緒にお仕事が進行しており、本当にバタバタしたためでした。いや、このバタバタを求めて、前の会社を辞めたので、本当にありがたいかぎりです。

3月中に出張した、SXSWの報告も、もっと行わないといけないのですが、こちらもう少しお持ちください。その間に、高校生と『近未来ハイスクール」というイベントで、対話したり本当に、充実した日々になっております。

さて、そんな中、2017年3月31に、ビジネスブレークスルー大学のマーケティングライブの収録も行いました。

左からキャスターの中山裕子さん、私(本間充)、高橋信太郎さん

左からキャスターの中山裕子さん、私(本間充)、高橋信太郎さん

今回は、indeed Japan株式会社 代表取締役/営業本部長の高橋 信太郎さんに出演頂き、求人情報に特化した検索サービスについて、お話を頂きました。

皆さんは、indeedというサービスをお使いになったことがありますか?仮に、Indeedで、アビームと検索すると、

indeedとアビームで検索した事例

indeedとアビームで検索した事例

このように、アビームコンサルテインングの採用・求人情報だけが検索できるサービスになってります。

このような、カテゴリー特化型の検索は、tripadvisorなどが有名ですが、今後も検索ニーズの高いカテゴリーにおいては、他のカテゴリーも登場するのではないでしょうか。

それにして、このindeedのビジネスは、大変上手くいっているように感じられ、番組での高橋さんの説明の非常に力強く、また判りやすかったです。

この講座の中で、平和自動車がindeedを活用している事例をいかのVideoで紹介して頂きました。

まさか、タクシー・ドライバーをindeedのプラット・フォームを使うのかと思いましたが、非常に納得する事例でした。

さて、この講座を終えての感想は、実に複雑でした。その感想は、「今まで、Digital Communicationについては、大企業は情報システムや広告・宣伝の方が詳しければ良かった時代が終わった」ということです。今回の事例では、人事担当者が、Webの基本的な知識やSEOのことを知らないと、採用もできなくなる次代なのです。

外でお話しするときに、これから重要なのは、Digital Marketingではなく、MakrektingのDigital化だとご説明しています。まさに、このことが会社の業務すべてに当てはまるのではないでしょうか。

[参考]

これから行うべきは、真の意味で、ビジネスのDigital化です。まずは、マーケティングのDigital化を考えている方は、ぜひ一緒に仕事をして、日本での新しいマーケティングを創りましょう!

 

本のマーケティングは、非常に面白い。文藝春秋の田中さんに、Web人賞受賞のお話を伺いました。

標準

本日、2017年2月のBBT マーケティングライブの放送の収録を、行いました。今回の放送は、2016年のWeb広告研究会WebグランプリのWeb人賞を受賞した、文藝春秋の田中さんが、ゲストでした。

左から、キャスターの田中さん、私(本間)、文藝春秋の田中さん

左から、キャスターの田中さん、私(本間)、文藝春秋の田中さん

今回の番組では、文藝春秋の本に関するマーケティングを、「火花」「コンビニ人間」という芥川賞受賞の本を題材に行っていただきました。

本のマーケティングは、他のマーケティングと異なり、参考にならないのではないかと思う人も多いかもしれないですね。しかし、私からすると、本の売れ行きや、社会的な反応を見ながらマーケティングするという意味では、real time marketingや、Data活用マーケティングのヒントがあります。また、読者のことを観察しながらマーケティングをしており、カスタマー・インサイトを活用したマーケティングを行っています。

田中さんは、文藝春秋でWebを活用したマーケティングを行っていましたが、現在ではプロモーション部で、これら最近話題の小説のマーケティングに関わられてきました。今回の番組では、その内容が沢山お伺いしました。田中さん、本当にありがとうございました。

スタジオでの一こま

スタジオでの一コマ

さて、このBBT マーケティングライブは、有料番組なので興味のある方は、こちらのアドレスから申し込みください。

http://bb.bbt757.com/price/