全国タクシーアプリ使っていますか?

標準

皆さんは、全国タクシーアプリという、タクシーを予約できるアプリを使っていますか?私は、もちろん使っています。というのも、日本ではUberよりも、全国タクシーアプリの方が、配車が多く、すぐに車が来ることが多いんですよね。

そして、なんとその全国タクシーアプリを作り、運用しているJapanTaxiの金 高恩さんに、昨日 ビジネス・ブレークスルーChのマーケティングライブ に出演頂き、大きく変貌しているタクシーのビジネスについて、お話を伺いました。

みなさんは、東京都内ならば「日本交通」のタクシーの変化に気が付きませんか。後部座席にタブレットが付いたり、タクシーの中の充電ケーブルが充実していたりなど。JapanTaxiは、このようなサービスのうち、全国タクシーアプリや、広告のサービスを開発、運営を行っている会社です。

最近では、降りる前に自分の全国タクシーアプリで、決済ができるサービスを提供したりなど、本当に次から次にタクシーの乗車体験に変化を与えてくれています。

今回のビジネス・ブレークスルーChのマーケティングライブ では、JapanTaxiの金 高恩さんに、これらのサービスの背景や、サービスの紹介をしていただきました。

23847967_1789628731078535_1200238944_o.jpg

キャスターの田中美穂さん、私、そしてJapanTaxiの金 高恩さん

金さんのお話はとてもシンプルで分かりやすいのですが、まさにTaxiを使った新しい広告、つまりマーケティング支援ツールを開発されたアイディアは素晴らしくとても参考なりました。

「Taxi×ITで、まだまだTaxiは変われる」との金さんのお話は本当に説得力があり、また別の領域でも同様のアイディアがあると思いました。

この全国タクシーアプリは。今年度のコードアワード 2017の「ベスト・ユース・オブ・メディア」のグランプリを受賞しており、その授賞式で金さんのスピーチを聞いてから、ぜひ番組に出演頂きたいと思い、今回の番組になりました。

今回の収録番組は、2017年12月19日 20:00に、初回On Airになります。ぜひ、ビジネスブレークスルーCh.に契約して、ご覧ください。

さて、今日の東京の朝は雨、私は本の原稿を一日書きます。そして、実は昨日、Yahoo! Newsに「たまごっち」20周年 復刻版はヒットするのか?という記事を寄稿したのですが、今日の「たまごっち」の売り上げ、話題感がなぜかマーケッターとしては気になっています。

 

 

e-Mail送る前に、Direct Mail送ると、そんなに効果高くなるの?でも、郵便って

標準

って、釣り的なタイトルつけないでと思うかもしれませんね。これ、昨日収録したビジネス・ブレークスルーCh マーケティングライブ は、日本郵便の鈴木睦夫さんをお招きして時の内容なんです。今回のビジネス・ブレークスルーCh マーケティングライブでは、いつもの鈴木睦夫さんの軽妙なお話、そしてずばりタイトルのようなデジタル+アナログのマーケティングのお話を伺いました。 あ、心配していた私の風邪は、関係なく、きっかりと収録は1時間で終了。っていうか、今回は鈴木睦夫さんが完全なタイム・マネージメントをしてくださり、私はただ、笑っているだけっだたんですけど。

23469389_1772525262788882_481230903_o.jpg

右から、日本郵便 鈴木睦夫さん、私(本間充)、キャスター田中美穂さん

お話頂いた内容は、「日本郵便が実験参加社を募集!デジタルでリーチできるのは顧客の6%、富士フイルムも驚いたデジマの罠とは」で、話されている内容を中心に、より分かりやすく1時間にわたって、デジタルだけでも、アナログだけでもない、デジタル+アナログのマーケティングのお話をして頂きました。

これは、私がDigital 担当者こそ、今のアナログ・メディアの勉強が必要かもでも、書かせていただいたことに近いのです。デジタル・マーケッター、鈴木睦夫さん曰く「デジタリアン」が、デジタルメディアのみ使っていることへの、強い強いメッセージでもあります。

これからは、そしてメディアの媒体名(TV、雑誌、Webなど)ではなく、お客様のシーン(商品選択時、購入時など)に合わせたメディアの活用が必要で、そのことを番組で鈴木睦夫さんは「オムニメディア」と話しておりました。今回の番組も非常に濃い内容となっております。ぜひ、ビジネス・ブレークスルーCh マーケティングライブ で、放映日時を確認の上、ご覧ください。ちなみに、有料番組なので、ビジネス・ブレークスルーChの申し込みを確認してご覧ください。Internetからも、ご覧になれます。

それにしても、鈴木さんのお話は引き込まれますよね。マーケティングを30年もやっているだけでは、これだけの話し手にならないと思いますが、非常に軽妙、そして分かりやすい言葉で、語っていただきました。

23468314_1772525149455560_1802650252_o.jpg

日本郵便、鈴木睦夫さん

ぜひ、また別な機会に鈴木睦夫さんと対談させていただきたいと思いました。

予告ですが、この次の番組はなんとタクシーをメディアにしたお話が続きます。いろいろなマーケティングが日々登場しており、本当にこのビジネス・ブレークスルーCh マーケティングライブを行っていることは、私自身勉強になっております。

さぁ、今日はこれから、寒い札幌です。そして、12月にも札幌で、高校生との対談や、北大生徒の対談など、2度も行けることになり、光栄です。って、最近本当に自分が、何の仕事か不明になってきたのですが。では、行ってきます。

日本の事業提携って、既存顧客の視点が抜けていることがありますよね。

標準

今日の東京は晴天ですね。しかし、私は風邪気味です。今日は、放送講座のビジネス・ブレークスルーChのマーケティング・ライブの収録なのですが、1時間の収録中、「せき」が出ないことを祈るだけです。

さて、昨日Yahoo News!に、「業績不振の大塚家具 提携戦略は実を結ぶのか」という記事を寄稿しました。日本では業務提携や、Brandの買収に対して、なぜかファイナンス部分ばかりが議論の対象になり、マーケティング的な視点、特に3C分析で言うところのCustomerの視点が欠落していると思い、この記事を公開しました。

マーケティングを行っているときには、Brand Umbrellaと言う言葉を耳にすると思います。Brand相互の支援・貢献の関係を使って、Brand Equityを高める方法です。今回のように「大塚家具」と「TKP」の提携の場合にも、この関係を議論する必要が合ったはずなのです。

そして、その時にそもそも「大塚家具」の顧客と、「TKP」の顧客双方にこのメリットがでないと、Brand Umbrellaが強くならないはずなのです。

このように最近では、経営の重要な判断にもマーケティングの考えは重要です。ちなみに、このようなBrandの構造は価値については、ケビン・レーン・ケラー さんの「エッセンシャル戦略的ブランド・マネジメント」がとても参考になりますよね。少し厚いのですが、興味がある方は、ぜひ読んでみてください。

これからは、自然には市場が成長しない時代なので、このような提携やM&Aが増えるのでしょうが、その時にもぜひマーケティングの考えを活用して、ファイナンス以外にも意味のある提携、M&Aなのかをぜひ考えてもらいたいですね。

あと、こんなテーマ取り上げて欲しいというマーケティングの話題があれば、ぜひ私まで直接ご連絡ください。

UX Strategyって考えていますか?

標準

さて、みなさん9月も2週目の朝ですね。おはようございます。私は、「MIKE, J-waveに出演するってよ。」に書いたように、これからラジオの生出演なので、少々ナーバスになっております。

って言いながら、先週金曜日の9/8に、ビジネスブレークスルーCh.のマーケティングライブの収録がありました。今回は、株式会社博報堂 マーケティングシステムコンサルティング局のプロセスコンサルティング部長の荒井 友久様に出演頂き、「UX貴店のブランディング・事業成長」という内容で、お話を伺いました。

21534412_1696857863688956_179950003_o.jpg

手前(右)から、ゲストの博報堂 荒井さま、私、キャスターの田中 美穂さん

UX=User Experience という言葉が、広まってからかなりの時間が経ちました。初期は、WebのデザインとUI/UXが一緒に語られることが多かったですよね。

IA100 ユーザーエクスペリエンスデザインのための情報アーキテクチャ設計

IA100 ユーザーエクスペリエンスデザインのための情報アーキテクチャ設計

例えば、私も長谷川 敦士さんの「IA100 ユーザーエクスペリエンスデザインのための情報アーキテクチャ設計」本など読んで、Webのデザイン設計などを勉強したものです。しかし、今ではWeb以外のサービスも多くの企業が出されていますよね。モバイルのアプリなど。つまり、いま考えるべきUXは、以前より広範囲で、高度になっているのです。

さて、今回のビジネスブレークスルーCh.のマーケティングライブでは、まさにこのことについて、説明頂きました。今まで、日本企業、そして多くの場合は製造業ですが、この企業の活動は、モノを作り、広告を行い、消費を促していました。しかし、デジタルの登場により、「モノ」と一緒に「サービス」を開発するようになりました。例えば「製品」を作りその説明の「Web」を作るのもこの一例です。良くあるのは、「製品」Qualityは高いのに、「Web」のQualityは高くないために、消費者の理解はQualityの低いProductだと思われる事例です。

もっと、身近な事例は、レストランではないでしょうか。「レストラン自信のお店のサービス」は良いのですが、「レストランに予約サービス」が良くないために、レストラン自信のQualityが低く感じられることもあるのではないでしょうか?

つまり、今は「モノ」の戦略の上に、「Brand」の戦略、さらに「UX」の戦略も必要になってきたというこです。

このようなことどのように解消したら良いのか、またどのような方が対応したら良いのかなどを、株式会社博報堂 マーケティングシステムコンサルティング局のプロセスコンサルティング部長の荒井 友久様にわかり易く解説して頂きました。私も、ある意味同業者のコンサルタントですが、大変勉強になる内容になりました。放映は、10月になると思いますが、興味のある方は、有料番組ですので、「料金・お申し込み方法」のページから申し込んでご覧ください。

 

次回のマーケティングLiveは、グリコのおまけではなく、グリコのプログラム教育アプリについてです!

標準

しかし、昨日は暑かったですね。東京は、37.1度だったとか。誰かが、気温が平熱なみとつぶやいていましたが、ちょっとした微熱でしたね。

さて、そんな昨日の夕方、2017念9月19日 20:00初回On Airのビジネス・ブレークスルー「マーケティング LIVE」を収録しました。今回は、Code Award 2017贈賞式に参加してきました。この広告賞は、最先端!で紹介した、Code Award 2017のグランプリに輝いた江崎グリコ株式会社の玉井 博久さんに出演頂きました。番組では、GLICODEを考えた背景や、このようなアプリケーションを社内で承認してもらうときの方法(苦労話)などについて、お話を伺いました。

右から江崎グリコ・玉井さん、私、キャスターの田中さん

右から江崎グリコ・玉井さん、私、キャスターの田中さん

玉井さんは、現在広告部に所属していますが、その広告部が、マーケティング部門よりも少し先のコミュニケーション、広告について考える必要があり、その方法について、熱く語られていたのには、非常に感心しました。ぜひ皆さんにも、番組を見て頂きたいです。

実は、このGLICODE、そして玉井さん最初にお会いしたのは、今年のSXSW 2017のオースティンでした。SxSW 2017に来ています。今年も面白い。というBlogを書いた夜に、オースティンのダウンタウンのレストランで、SXSW Eduに参加していたGLICODEチームにお会いしたのでした。チームは、非常にバラエティーに富んだメンバーで、またチームの関係性も非常に良い印象を受けました。少し、嫉妬したのを覚えています。自分が広告主だったときここまでのBest Teamを作ることが出来ただろうかと。

ビジネス・ブレークスルー マーケティングLIVE #232

ビジネス・ブレークスルー マーケティングLIVE #232

そして、その後さまざまな賞を受賞することになった、 GLICODE。今回の番組を通して、再度、玉井さんの考える、「広告」についてお話を伺えたのは有意義でした。

玉井さんは、「宣伝担当者バイブル」という本も、今年の4月に出されいます。そちらも併せて読んでいただけると、この番組の内容ももよりわかりやすくなるでしょう。

今回のビジネス・ブレークスルー「マーケティング LIVE」も、私にとっても学びの多い番組になりました。これからも、さまざまなマーケッターの方に、ビジネス・ブレークスルー「マーケティング LIVE」を通じてお話を伺っていきます。

(この番組は、有料の番組です。詳しくは、ビジネスブレークスルーchのページを確認ください。)

MKライブに逸見さんに出演頂きました。

標準

ビジネス・ブレークスルーChのマーケティング・ライブの収録が昨日ありました。今回は、オムニチャネルのお話を、オムニチャネル・コンサルタントの逸見 光次郎さんに、お願いしました。

右から、逸見 光太郎さん、私、キャスターの田中さん

右から、逸見 光次郎さん、私、キャスターの田中さん

というのも、私がコンサルタントになって、早くも2年近くになるのですが、ECサイトの構築や、オムニチャネルの相談を多く受け、お手伝いもさせて頂いております。しかし、いくつかの誤解が依頼される方のほうにあります。例えば、収支構造が、既存流通の事業と、ECの事業では、大きく異なる点を理解されていない。通常のWebサイトの構築と、ECサイトの構築は、ほぼ同じ仕事であると思っている。などなどです。

これらについて、さまざまな経験をされた、逸見さんに一度落ち着いてお話を伺いたいと思い、昨日逸見さんが独立コンサルタントになられた記念日に、番組に出演頂きました。大変面白いお話を沢山伺いました。そして、大変わかり易く、オムニチャネルで検討すべきことをお話頂きました。現在、ECやオムニチャネルに関することをお仕事にされている方には、お勧めの番組になっています。ぜひ、マーケティング・ライブの逸見さん出演の回をご覧ください。(残念ながら、有料放送なので、ここから申し込んでください。)

しかし、オムニチャネルという言葉に、私自身違和感を覚えています。何か、売り手側の言葉になっている気がします。消費者は、好きな時間に、便利な場所で購入したいと思っており、シームレスな購入体験を望んでいるのではと、思います。何か、相応しい言葉はないですかね。

さて、この後もマーケティング・ライブは、面白いコンテンツが続きます。次回は、GLICODEのお話、そして、UXブランディングと続きます。この マーケティング・ライブでしか聞けない話も沢山聞いていきまうので、乞うご期待です。

 

 

カルビーのフルグラを、テレビで食レポ体験しました。

標準

といっても、マーケティングライブ | ビジネス・ブレークスルーChの話です。次回、7/11に初回On Airされるマーケティングライブに、カルビー株式会社マーケティング本部の藤原 かおりさんに出演頂き、カルビーの「フルグラ」のマーケティングについて、お話頂きました。

そして、今回はマーケティングライブとしては初めて、私の食レポを行いました。ビジネス・ブレークスルーChを有料で契約されている方は、ぜひそちらもお楽しみに。

さて、フルグラのマーケティングを藤原さんにお聞きしましたが、今回のお話では、本当にマーケティングの基本になるようなお話がいっぱい聞けました。

マーケットを創造すること。お客様の理解をすること。そして、お客様とのタッチポイントの設計をきちんと行うこと。基本といえば、基本ですが、それを実際のマーケティングで行う勇気。そして、メンバーと一緒にやり遂げる遂行力は、本当に凄いと思いました。

 

右からカルビー・藤原かおりさん、本間、キャスターの田中美穂さん

右からカルビー・藤原かおりさん、本間、キャスターの田中美穂さん

今回の収録では、カルビーのフルグラのお話だけを伺いましたが、藤原さんが行った過去のマーケティングについても、ぜひお話を聞いてみたいと思った1時間でした。

最初のOn Airは2017/7/11(火)ですが、皆さんがたくさんリクエストしてただければ、、再放送も増えますので、ぜひよろしくお願いします。

さぁ、次回の番組も楽しみです。