Rio Olympic開会式に、NFLのスターQBトム・ブレディーの奥さん登場

標準

しかし、暑い日が続きますね。そして、今日からRio Olympicスタートです。開会式、見ましたか。あの開会式、NFLファンにとっては、注目のシーンは、NFL ニューイングランド・ペイトリオッツ(私の強敵)のQB Tom Bradyの奥さんが、ブラジルのSuper Starとして登場したシーンではないでしょうか。

Tom Brady

Tom Brady

Tom Bradyといえば、2000年から、New England Patriots一筋のクォーター・バックで、Super Bowl Ringをなんと4個も持っている選手。なんで、その奥さんがリオ・オリンピックの開会式に登場するかというと、奥様、ジゼル・ブンチェンさんは、ブラジル出身のSuper Modelだからです。

 

 

 

 

 

驚きは、まだモデル業を行っていて、この開会式を最後のモデル活動にするとのこと。まだ、現役モデルだったんですね。36歳で。おそれいりました。

ジゼル・ブンチェン

ジゼル・ブンチェン

 

 

Supermodel Gisele Bündchen Reveals All on Her Starring Role in Rio Opening Ceremony

 

NFL選手が、数学者を目指す

標準

私は、NFLが好きな数学者ですが、なんとそれを超えた話が登場した。NFLのボルチモア・レイブンズの攻撃の選手である、John Urschelが、なんとオフ・シーズンにMITの数学のPh.Dのコースに通うというのである。tつまり、数学の博士になるというのである。

John Urschel #64 C

John Urschel #64 C

当然このニュースは、話題になりNFLのサイトでも、Ravens’ John Urschel begins Ph.D program at MITという記事になっているし、さらに面白いのは、AMS(American Math Society/アメリカ数学会)の学会誌でも、“I plan to be a great mathematician”:An NFL Offensive Lineman Shows He’s One of Usという記事になっている。

NFLの選手ということもあり、注目があるだろうが、日本で考えないといけないことは、社会人の大学への復学の方法が少ないことである。日本では、社会人が大学・大学院に戻ることは非常に難しい。しかし、これからは社会に出たからこそ学びたい学問や分野も多くなる。

ぜひ、日本でも社会人の大学・大学院への入学・復学が増えることを望む。

WS000002

 

 

Pro Bowl観戦に来ています。そう、今年はハワイ

標準

NFLファンの私は、時々アメリカに来て、NFLの試合を観戦する。といっても、試合の研究のためとかではなく、まぁ楽しみに来ている。そして、実は一番多く観戦に来ている場所は、ハワイである。ハワイでアメフトと思うかもしれないが、NFLのAll Star Gameは、ハワイで開催されることが多かったのである。

250px-2004_pro_bowl-svg

最初に観戦に来たのは、2004年2月8日である。もう、12年前の話である。逆に言うと、ここまでPro Bowlは途切れずに来ているので、今年で13回、Pro Bowlを生で見ていることになる。

dsc01605

この時の試合は、AFCの先発QBは、テネシー・タイタンズのSteve McNairで、控えでインディアナポリス・コルツのPeyton Manningだった。そう、今年のSuper Bowlに出場する、デンバー・ブロンコスのマニングである。時代はとも思うが、まぁ私も若かった。

dsc01624この年のPartyであった、Warren Moonさんとの記念写真があるのだが、私も若い。そして、この胸のTシャツのサインが、Warren Moonさんのautographである。

うーん、時は流れるが、アメフトは楽しい。今年のPro Bowl(日本時間、月曜日)もどうなるか楽しみである。思い切り楽しんで観戦しようと思う。

Super Bowl 50まで、残り1か月。NFLファンでなくても、コマーシャルは楽しいよ。

標準

アメリカン・フットボールのBig Gameである、Super Bowlは、2016年2月7日(日本時間、2月8日)にカリフォルニア州サンタクララのリーバイス・スタジアムで開催される。今年のSuper Bowlは、第50回という記念すべき大会である。

super-bowl-50-logo

Super Bowl 50のロゴは、ローマ数字ではく50が採用。

アメフトの歴史は、後半はテレビの歴史とかなり関係が深い。Wikipediaの過去のスーパーボウルの視聴率と広告費のデータにもあるように、毎年米国で1億人がテレビで観戦し、その30秒のコマーシャルの価格は、Super Bowl 50で、約500万ドル、つまり約5.9億円となる。約6億円は高いと思うかもしれないが、1億人が見ることを考えると、一人当たり6円のコストとなり、郵送のダイレクト・メールより安いのである。

ところが、このSuper Bowl、過去では視聴率はそれほど高くなく、広告の価格も高くなかった。1984年1月22日開催の Super Bowl XVIIIの視聴者数は、77,620,000で、30秒の広告は$368,200で販売されていた。約4000万円である。一人当たり、0.005ドルでコミュニケーションができることに気づいたら、アップルがこのSuper Bowlに最初のTVコマーシャルを流したことはとても有名な話である。

実は、このappleのSuper Bowlでのコマーシャルの活用から、このスーパー・ボウルのコマーシャルの価格は高騰する。

そして、各社コマーシャルに特別なものを作り、Super BowlのCM事態が話題になるようになる。私にも、気に入ったコマーシャルは、いくつかある。例えば、次のpepsiのCMは、pepsiの歴史と、その時代のシーンを、実に上手にブリトニー・スピアーズが演じている。

そして、今年のスーパー・ボウル50も、早くも楽しみなコマーシャルがラインアップされているようである。え、日本では見られないと思う方、ご心配なく。このSuper BowlのCM、多くはTVでOn Air後に、ネットでも配信されます。事実、http://www.superbowlcommercials2016.org/2016-advertisers/でも、少しづつ公開されていますよ。

あ、Super Bowlとスーパーボウル(ゴム・ボール)って関係あるのって。はい、あります。もともとは、AFL–NFL World Championship Gameと言っていたのですが、ある時にゴムボールのSuper Bowlの跳ね方を見て、このようにエキサイティングなゲームにとの思いから、Super Bowlになったそうです。

さぁ、今年のSuper Bowl50、ゲームもコマーシャルも楽しみましょう。

Google Play: BeatlemaniaのCM良いですね。

標準

NFLのゲームを、Internetで観戦しています。このInterntで観戦、NFL Game Passと言いますが、ハイビジョン中継なので、本当に気に入っています。

私は、このNFL Game Passを、Raspberry Pi 2 Model Bという6000円弱のパソコンに、OSMCというソフトをインストールして観戦しています。なので、ほぼ6000円のメディア・センターなんですけど、きれいに見えています。

さて、このような環境でアメリカのテレビを見ているので、日本では見ないコマーシャルを良く見ます。今日は、ESPNの中継をNFL Game Passで見ています今日見たのは、Google PlayのBeatles Version。日本では見ないので、ここで紹介ますね。

日本では、Google PlayのCMは、日本のアーティストになっていますからね。

まぁ、そんな感じで、これから、NFLの観戦に戻ります。

Go Jets!

NFL 2015も、中盤。今年、予想外に勝率の良いチームは?それは、パンサーズでは。

標準

NFL 2015シーズンも、早くもWeek8が終わり、もう今シーズンも半分終わりましたね。NFLのレギュラー戦は、全部で17週間、16試合(途中、各チーム1週間休みがある)ですから、ほぼ半分終了です。

Fire Man ED

Fire Man ED

今年のNFLは、かなり面白く、まだ全試合(7試合か、8試合)買っているチームが複数いますが、昨年のように全敗のチームはいません。それだけ、混戦です。

まずは、全勝のチームは、

  • New England Patriots
  • Cincinnati Bengals
  • Denver Broncos
  • Carolina Panthers

と4チームです。この中では、今年のカロライナ・パンサーズは、注目のチームになるかもしれません。攻撃においては、1ゲームあたりのパス獲得ヤードは、205.1ヤードと全32チーム中29位と低迷しているの大して、ラン獲得ヤードが144.0ヤードと32チーム中1位です。

Jonathan Stewart

Jonathan Stewart

この強力、ラン・オフェンスを支えているのがJonathan Stewart(#28)です。昨年も13ゲーム出場で809ヤード走った、Jonathan Stewartは、今年はすでに7試合で505ヤード走っており、このペースで行くと、1000ヤード獲得しそうです。この選手には、今後も注目ですね。

さて、そして1敗のチームもはチームあり、

  • Tennessee Titans
  • Detroit Lions

ですね。このところ、本当にライオンズは低迷していますね。

さて、予想外に勝率が良いというか、心配なカンファレンスは、AFC Southですね。勝ち越しのチームがここにはいません。

  • Indianapolis Colts 3勝 5敗
  • Houston Texans 3勝 5敗
  • Jacksonville Jaguars 2勝 5敗
  • Tennessee Titans 1勝 6敗

特に、今年のコルツの低迷振りは、本当に予想外ですね。

さて、私のNew York Jetsも、なんとか残っているので、後半も引き続きTV観戦します。

Go Jets!

Go Jets!

まだまだ、続きます、NFL 2015。

子供の憧れ、アメフトのQBって、どんな感じ。え、1試合1億円!

標準

みなさん、映画「ファンタスティック・フォー」を観ましたか?私は、4D(正しくは、MX 4D)の映画を観たくて、新宿TOHOシネマズに行って、「ファンタスティック・フォー」を観てきました。

まず、4Dというのは、3Dと違って、メガネはかけずに観るんですが、シートが揺れたり、シートが響いたり、シーンによっては匂いが出たり、風が吹いたりするんです。まぁ、体験型観賞という感じでしょうか?

さて、映画「ファンタスティック・フォー」は、New York, New Jerseyが舞台なのですが、Openingにこんなシーンがあります。小学校の授業で、一人ずつ小学生が将来の夢を語るシーンで、ある子供が「ニューヨーク・ジャイアンツのQB イーライン・マニング(Eli Manning)みたいになりたい」。まぁ、アメフト・ファンの私としては、もっといいQBいるぞ、と突っ込みたいところですが、地元の小学生としては、模範的な回答なのでしょうね。だって、この会話がこの映画の始まりなのですから。

Eli Manning

Eli Manning

イーライ・マニング。そうこの選手です。アメフトの試合おいては、クォーター・バック(QB)は、攻撃の要になるポジションです。ボールを投げたり、ボールを持って走る選手に渡したりります。野球で言うと、投手のようなポジションですから、当然憧れの職業のひとつになるでしょう。

そうそう、アメリカのドラマ、「Glee」には、高校のアメフト部のクォーター・バックとして、Finn Christopher Hudsonという役柄もありましたよね。

ところで、ここからは大人の事情のお話をしましょう。このイーライ・マニング、いくらもらっているのでしょうか。そう、MONEYです。2015年の年俸は、$14,450,000です。本日のレート、1ドル118.8円をかけると、じゃん。1716660000円。うーん、桁がわからないので、漢字を混ぜると、17億1666万円。アメフトというのは、1年間、レギューラー戦では、16試合なので、約1ゲーム1億円という収入です。

大人でも憧れの年収ですよね。この他にもCMなんかにも出ていますので、それは憧れの職業なんでしょう。

(Eli Manning Toyota Camry 2013 Coach T TV CM Ad )

ちなみに、もっと良いQBがいると書きましたが、収入的にも2015年の最高のサラリーは、Drew Breesの2380万ドルです。

NFLのQBの2015年のサラリー・リスト

いや、QBはカッコよくて、収入もある、本当にアメリカでは憧れの職業なんでしょうね。

ちなみに、映画「ファンタスティック・フォー」の話に戻ると、このあと、家でお父さんがアメフトを見るシーンが出てくるのですが、そのシーンではお父さんはNew York Jetsの帽子をかぶってテレビ観戦しております。はい、そうJ-E-T-S JETS! JETS! JETS!です。(音を聞きたい人は、クリックしてみてくださいね。)

アメフト・ファンのコネタが出てくる、「ファンタスティック・フォー」のお話でした。