みんな、「Dataで遊び」ましょう。Data分析・解析はもともと、発見的なアプローチが多いのです。

標準

さて、今月はNews PicksPro Pickerとして、「データ×マーケティング」の領域で、多くの記事を読んでいます。(あ、News Picksのユーザーの方、良かったらフォローしてくださいね。)そんな、流れもあり、今月のIT Pro Marketingの私の連載「日本を復活させるB2Bマーケティング」も、Data分析、Data Driven Marketingについて書きました。その名も「「Dataで遊ぶ」、そのためにもあなたの会社に“Data司書”を任命しよう」です。

遊ぶ

遊ぶ

Data Driven Marketingは、今まで以上に科学的なアプローチです。この科学というのは、「科学」にあまりなじみのない方は、一握りの転載が進化させている領域に見えているようです。例えば、ニュートンが万有引力を発見した話などは、ニュートンが天才だから発見したと思っている人が多いと思います。確かに、「万有引力」を発見したので、天才に間違いはないのですが、天才だったから発見したというよりは、きちんとモノの自由落下を観察して、自分なりの仮説を作ったから、「万有引力」を見つけたのでしょう。

Data

Data

Data Driven Marketingでも、同じことが言えます。まずは、法則をスムーズに見つけるのではなく、DataやMarketingで起きていることを良く観察して、自分の中で仮説を作り、それをDataを使って確認する。このプロセスが重要なのです。

企業のData分析力を高めようと思ったら、この一般的に「科学」で行われているいる「科学を使った遊び」を行うべきです。つまり、「Dataで遊ぶ」 必要がおおいにあるのです。ぜひ、「「Dataで遊ぶ」、そのためにもあなたの会社に“Data司書”を任命しよう」の記事を参考にして、「Dataで遊ぶ」ことを行いませんか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中