NTT DoCoMoの携帯を、海外sim対応にしよう

標準

さて、2017年になり、2016年を振り返ると、なんと一度も海外出張に行きませんでした。うーん、何年ぶりだろう、そんな年はと思いますが、2017年は、SxSWをはじめとして、海外に出張に行く予定です。その意味では、ようやくフル・スロットルといった感じでしょうか。

そして、年末に携帯をsamsung galaxy s4から、sony xperia xzに変えました。実は、前のsamsung galaxy s4は、アメリカのT-Mobileの周波数に対応していなかったので、海外でもNTT DoCoMoの海外1day パケサービスという、高額なサービスで通信していました。

今回のsony xperia xzは、T-Mobileの周波数に対応しているので、さっそくアメリカで使えるようにしてみました。ところが、少しいくつか誤解しそうなこともあるので、今回T-Mobile sim対応する方法をまとめておきますね。

1.最新のスマートフォンもNTT DoCoMoから買った状態ではsim フリーではない

これは、私も大きな誤解でした。simフリーとは、キャリア(NTT DoCoMoなど通信事業者)から購入したスマートフォンに、買ってきたキャリア(ここでは、NTT DoCoMo)以外のsim カードを入れても使える状態のことを言います。もう、こんな初歩的なキャリアの嫌がらせは、もう終わっているかとおもったら、まだ購入した段階では、キャリアのsim カード以外使えないようになっていました。

そこで、店頭に行って、sim ロックを解除したいと申し出ると、店頭だと3000円、個人でPCから行うと無料とのお話。まず、この基本的に「行いたくないぞ」というサービス設定に閉口するのですが、そこは自分でPCでおこなうことにしました。この解除は、携帯のサイトから行えないようです。

まずは、my docomoというサイトにアクセスします。右上に、ログインのメニューがあるので、ここからログインします。また、このサイトに初めて来た人は、アカウント設定が必要です。これは、携帯の番号がIDになります。

ログインしたら、真ん中のメニューのドコモオンライン手続きのなかの「もっとみる」をクリックします。

my docomoのメニュー

my docomoのメニュー

この「もっとみる」を押すと、

ドコモオンライン手続き

ドコモオンライン手続き

の画面が開きます。非常に長いページなのですが、最後までスクロールすると、

ドコモオンライン手続き#2

ドコモオンライン手続き#2

という項目が出てきて、ようやくSIMロック解除のメニューを発見します。このSIMロックの解除を押すと、

ws000003

SIMロック解除画面

どの携帯のSIMロックを解除するか聞いてくるので、その携帯を確認して、進みます。これで、手続きは終了です。終了後に、指定したメールアドレスに下記のようなメールが来るので、大事に取っておきます。メールにも書いてありますが、実はこのメールに書いてある解除コードを後に携帯に入力する必要があります。

ws000005

解除の確認メール

2.国内にいながら、海外のSIMを購入できる

次に、海外で使うSIMの購入です。ここでは、アメリカのSIMについて書きます。アメリカでは、AT&Tや、ベライゾンなどさまざまなキャリアがありますが、ここではT-MOBILEのsim設定について書きます。

理由は、3GBまでのPre Paid プランというメニューがあり、40$と安いためです。

ws000006

T-Mobile Simply Prepaid Plan

simカードを、アメリカ到着時に購入しても良いのですが、空港ではAT&Tのsimカードを購入するのは簡単なのですが、T-Mobileのカードは、空港の外のT-MobileのショップやWalmart等でしか買えません。そこで、今回はAmazonで購入することになりました。sim カードだけだと、5$くらいで購入できるのですが、まぁ日本で受け取ろうと思うと、2000円くらいになります。でも、日本でsim カードを受け取り、日本で設定した方が、現地ではバタバタしないので、日本で購入することにしました。

購入するのは、「T-Mobile Nano SIM Starter Kit」というものです。Amazonのサイトに複数の会社から販売されていると思います。価格がさまざまあるのでが、内容はすべて同じです。

私は、 ホロジクスから購入しました。(2017年1月15日現在では、在庫なし)simの到着は、1,2日で来ると思うので、sim カードの到着を待ちます。

このsim カードは、pre paidタイプのメニューであれば、どれでも選択可能です。なお、pre paidの支払いは、pay palか、クレジットカードを使います。

3.T-Mobileのsim カードをActivate化する

simカードが届いたら、sim カードを携帯に刺さずに、説明書に書いてある、www.T-Mobile.com/Activationというサイトに先に、PCを使って行きます。

ここでは、sim カードのプラスチックに印刷されている番号、説明書に印刷されているActivation Code。そして、あなたの携帯のIMEIコードが必要です。IMEIコードは、携帯で、*#06#に電話すると、以下のように出てきます。

IMEIの表示

これらの3つの番号を入れると、sim cardのActivate(使える状態)が完了します。

Activateは、T-Mobileのサーバーで少し時間がかかります。そして、T-Mobileのサイトでは、select your planの画面が出てきますので、ここは選択しながら少し待ちます。

Found your accountの前で止めておきます。

 

 

 

4. いよいよsim カードを携帯に入れる

まずは、落ちついて、スマートフォンの電源を切り、次にsim カードを取り替えます。今のnano simカードは非常に小さいので、無くさないように気を付けましょン。NTT DoCoMoのsim カードを無くすと、再発行手続き取られますからね。

T-Mobileのsim カードを入れて、電源を入れると、simカードロック解除コードは?と聞かれます。そこで、「解除の確認メール」を開けて、解除コード(長いので落ち着いて)を入力します。ロックが解除されたら、普通の携帯のメニューに変わるだけです。

これで、sim カードの取り換えは終了です。

5.T-Mobileのサイトのアカウント設定に戻る

再度、パソコンでT-Mobileのサイトに戻って、電話番号の設定などを行うと、携帯にSMSでコードを送るよと言われます。日本にいても、T-MobileのSMSは受け取れるので、送ってもらうと、あなたの携帯のSMSが届くはずです。そのコードをPCに入力。これで、T-Mobileのアカウントの設定も完了。以後は、

ws000007

My T-Mobile

My T-Mobileのサイトにログインすれは、いつでも残っているデータ量や、pre paidの入金などが行えます。このように国内にいながら、アメリカのsimカードの設定を完了すれば、空港に着いた時から、通信料を気にする必要もないですし、レストランの予約なども電話でできますね。そして、アメリアの電話番号ももらえるわけで、便利ですよ。

 

NTT DoCoMoの携帯を、海外sim対応にしよう」への1件のフィードバック

  1. Kei.Tsuchikura

    おしさしぶりです。6SからしかPCでできないんですよ。6(泣) ディープランニング今度教えてください。WhatsAppはじめました。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中