NFL 2015開幕。今年もNFLの映像には面白い技術が登場

標準

NFL2015が、開幕しました。私は、約6000円のパソコン、raspberry pi 2に、OSMC(Open Source Media Center)というソフトを入れて、NFL Networkが提供する、Game Passというプログラムを、OSMCにインストールして、NFLの全試合を、アメリカの生中継番組で見ております。

もう、インターネットを使って、High Visionの映像を、テレビの放送網を使わなくても個人で見れる時代なんですね。本当に、インターネットありがとうという感じです。

さて、そのNFLの中継は、テレビのスポーツ中継の進化を感じられる番組です。今年は、なんとゴールに置かれている、ゴール・ポスト、通常、パイロンにカメラが仕込まれました。

パイロンのカメラ

パイロンのカメラ

これにより、ゴール・ラインの映像がわかりやすくなりました。

パイロンカメラの映像

パイロンカメラの映像

パイロンカメラの映像により、タッチダウン・シーンが今まで以上に面白くなりそうです。

NFLでは、以前からスタジアムのシーンを上から映す、Skycamなど、さまざまな技術革新がありました。

そして、今年はPylon Cam。このように映像の技術革新も、スポーツのテレビ中継の重要な部分なんでしょうね。

まぁ、そんなにゆっくりNFLを見れるのも、最初だけ。2月のSuper Bowlまで、今年のNFL 2015も熱くなります!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中