SxSW総括。エンターテーメント+教育=大人の学び場

標準

SxSWの一コマから

SxSWの一コマから

2015年3月13日から3/17日に渡るサウスバイサウスウェスト Interactiveも終了しました。このBlogは、そんな帰国途中に書いています。セッションの中身は、

にまとめましたので、そちらを読んで頂ければと思います。

ここでは、全体の構成に対する感想。その他の情報源。そして、SxSW InteractiveのDirectorのHuge Forrestさんから預かったメッセージをお届けします。

Hugh Forrest, the Director of the SXSW Interactive Festival.

Hugh Forrest, the Director of the SXSW Interactive Festival.

まずは、全体の感想ですが、とにかくセッションも展示会もすごい。Inteactiveと言っても、マーケティング、コンテンツ、Robot、医療、ファッション、もちろんStartUpと、とにかくコンテンツの幅が広いのです。私なりに考えると、Internetは、表現と送る海鮮や、コンテンツだけでなく、サービスやビジオネスそのものになっているから、これだけ範囲が広いのでしょう。来年、セッションを聞きに行く方は、ぜひ自分が知らない範囲のセッションを聞きに行くことをお勧めします。どのカテゴリーにも初心者コースがあります。次に展示会は、日本の展示も多く、TableuやSiteCore等の有名なソフトから、StartUpまで様々です。こちらも、とてもいろいろ学べる展示会です。かなり時間がかかるので、心して回って下さい。今年は、展示会の日本のブースも多くて良かったですね。少し残念なのは、展示や説明に、そのサービス、製品の強み、特長が書かれていないことでしょうか。”世界初”とか、性能の良さとか、コストが安いとか、説明できることはたくさんあると思うのですが。

展示会の様子

展示会の様子

次の他の情報源ですが、一つはYouTubeのサイトに次々とコンテンツが上がっていきます。ぜひ、一度見て、SxSWのセッションに触れてみてください。

SXSWチャネル

他にも、主催者のページがあります。

Huge,SXSW

ここは、ボードメンバーや、注目のセッションがまとめられていますよ。たにも、USATodayなどが、情報をまとめていたりするので、参考になりますね。

そして、最後にSXSWのDirector Huge Forresetさんからのメッセージです。

Huge Forreset

Huge Forreset

Japan PavilionのJapan Dayで、講演され、日本のスピーカー、展示会の参加を呼びかけています。展示会では、もっと早く申し込めば、良い場所が得られること。日本のスピーカーは少ないが、進んだ技術の話を聞きたい人が多いので、ぜひ参加してほしいこと。そして、いつも多くの人に参加してもらえていて感謝していること。私は、スピーカーの応募プロセスを直接メールでもらうことにしましたので、興味のある人は私にコンタクトしてください。

Japan Day

Japan Day

そして、最後にですが、1週間も日本を離れて、そんなことできないと思っている方が多いのではないでしょうか。ところで、自分の「学び」は、十分でしょうか。いろいろな視点で物事を「捉える」力は十分でしょうか。もし、多少でもすり減っている、不足していると思ったら、学習が必要です。情報も必要です。自分のためにも、自分の組織のためにも、このような「学びの場」を積極的に活用しましょう。学生の授業のように、SxSWは、必須科目から、選択科目。「読み書きそろばん」から、「音楽・体育」まであります。つまり、自分を気分転換させながら勉強できるので、1週間続けられるのです。

ぜひ、興味を覚えた方、来年のAustineの計画を立ててみては如何でしょうか。

広告

SxSW総括。エンターテーメント+教育=大人の学び場」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中