Beerを陶器のマグで飲みたい人へ

標準

ここままで、このBlogを初めて、タイトルに偽りのあることが判明した。それは、Beerのネタがないことである。そこで、過去の写真を整理しながら、Beerの名店や銘柄の紹介を少しずつしていこうと、思い立った。飲むのは三日坊主になっていないので、書くのも大丈夫だろう。

そして、初回はBeer Mug、いわゆる陶器のマグカップについてである。

陶器のBeer Mugの例

陶器のBeer Mugの例

日本では、ラガー・タイプのBeerを喉ごしを楽しむために、ガラスのグラスにて、Beerを供されることが多い。この場合、ビールの泡は飲むとなくなる。一方、陶器のマグの場合、泡が常にできる。さらに、マグを冷やされて、供される場合には、ゆっくり飲んでもBeerの温度が上がらない。

しかし、このようなマグのあるお店は意外と少ない。私のお勧めのお店を2件新宿で紹介しよう。(皆さんの、お勧めの店もどんどんコメントしてほしいのであるが)

クライネヒュッテ

一件目は、上記の写真のマグカップの置いてある、クライネヒュッテである。このお店、陶器で出される生ビールの種類が多い。

  • レーベンブロイ (独)
  • バスペールエール (英)
  • ハイネケン (蘭)
  • カールスバーグ(デンマーク)

と、種類が4種類あり、

ハイネケンの陶器マグ

ハイネケンの陶器マグ

めったに見れない、Heinekenのビアマグなどにも、出会える。料理も、ドイツ料理がたくさんある。

ミュンヘン

もう一軒は、チェーン店である、ミュンヘンの新宿店ある。ここには、シュタインとBeerジョッキがあり、これでエビス・ビールが飲める。

ミュンヘンのシュタイン

ミュンヘンのシュタイン

私の昼ビ写真に多く登場するので、見覚えのある人も多いのではないだろうか。逆に、昼から飲める、少ないお店である。このシュタインで飲むと普段のむエビスの味が、まろやかになる。これと、カミカツを頼めば、完璧である。ジョッキを2杯は飲めるだろう。

そうそう、このマグ底が少し出ていると思う。日本人は、乾杯というとグラスの飲み口をぶつける。いわゆる、ワイングラスなどの乾杯は、それが正解である。ちなみに、このようなビアマグでは、グラスのジョッキも含めて、この底をぶつけ合おう。大きな音を出しても大丈夫なように、ここが厚くなっているだ。

さあ、今日も

アインス ツヴァイ ドライ (グ)ズッファ!
eins, zwei, drei, g’suffa !

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中